正社員の平均初年度年収が高い業種、3位は「不動産・建設・設備」492万、2位は「IT・通信・インターネット」505万、1位は?

マイナビは「2021年6月度 正社員の平均初年度年収推移レポート」を発表しました。業種別の平均初年度年収ランキング、3位は「不動産・建設・設備」492万、2位は「IT・通信・インターネット」505万でした。業種別、職種別のランキングを発表します。

マイナビは7月16日、「2021年6月度 正社員の平均初年度年収推移レポート」を発表しました。同調査は、2021年6月1~30日の期間に、総合転職情報サイト「マイナビ転職」に掲載開始された求人の「平均初年度年収」を未経験・経験者求人別に調査したものです。
 

【業種別】平均初年度年収ランキング、1位は「コンサルティング」

【業種別】平均初年度年収ランキング(2021年6月度)
業種別の平均初年度年収が最も高かったのは、「コンサルティング」で515.7万円。次いで「IT・通信・インターネット」の505.3万円、「不動産・建設・設備」の492.0万円が続きました。
【業種別】6月の応募条件比率
掲載求人の中で経験者求人の比率が最も多かった業種は、「IT・通信・インターネット」で60.3%、次いで「金融・保険」で41.8%、「メーカー」(41.7%)が続きました。
 

【職種別】平均初年度年収ランキング、1位は「コンサルタント・金融・不動産専門職」

【職種別】平均初年度年収ランキング(2021年6月度)
職種別の平均初年度年収が最も高かったのは、「コンサルタント・金融・不動産専門職」で546.7万円。次いで「ITエンジニア」が530.9万円、「建築・土木」が510.1万円でした。
【職種別】6月の応募条件比率
掲載求人の中で経験者求人の比率が最も多かった職種は、「ITエンジニア」で71.8%、次いで「WEB・インターネット・ゲーム」の68.3%、「医薬・食品・化学・素材」の57.9%でした。
 

全国の平均初年度年収は、前月より3.9万円、前年同月より3万円の増加

募集条件別平均初年度年収推移
6月の全国平均初年度年収は、454.3万円。前月は450.4万円で、前月から0.9%(3.9万円)の増加、、前年同月は451.3万円で前年同月から0.7%(3.0万円)増加しました。

【おすすめ記事】
「年収300万円台の職業」ランキング! 2位は「サービス・飲食・販売職」、1位は?
30~50代既婚者の「世帯年収」や「貯蓄額」は? 500人に調査
「年収400万円台の職業」ランキング!3位「医療系専門職」、2位「営業職」、1位は?
「年収500万円台」の職業ランキング!2位は「事務・管理部門」、1位は?

【関連リンク】
マイナビ
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化