働く女性500人調査「2021年の冬ボーナス支給額」平均は35万円、3割が「減少した」と回答、使い道は?

「働く女性のお金の意識と投資に関する調査」によると、2021年、冬のボーナスは半数が変化なし、3割が減少と回答しました。ボーナスの使い道は6割が「貯蓄」、2022年も約半数が「貯蓄を頑張りたい」と回答。調査対象は、全国20〜50代の働く女性500人です。

auじぶん銀行は12月14日、「働く女性のお金の意識と投資に関する調査」の結果を発表しました。

全国20〜50代の働く女性500人を対象に、「お金への不安」や「来年の目標」、「ボーナス」といったお金への意識や実態を調査。約2年続いたコロナ禍も次第に落ち着いてきた中で、これから先、どのようにお金と向き合っていきたいかが明らかとなっています。
 

2021年の冬ボーナス平均額は35万円、約3割が「減った」と回答

2021年冬のボーナスのついて聞いたところ、最も多かったのは「変わらない・変わらない予定」で54.3%でした。半数以上が「(支給される額は)変わらない」と回答しています。
 
2021年冬ボーナスの実態調査
2021年冬ボーナスの実態調査


一方で、「減った・減る予定」(13.8%)や「今年はない」(14.1%)もそれぞれ10%以上回答しており、約3割の人が減少していることが判明しました。もらった(もらう予定あり)金額は、平均35万1150円。
 

ボーナスの使い道や2022年頑張りたいこと、ともに1位は「貯蓄」

支給された冬ボーナスの主な使い道を聞いたところ、「貯蓄」が61.5%と最も多く、「投資」も11%ほど回答がありました。趣味や旅行といった「消費」は17.9%にとどまっています。
 
ボーナスの使い道は貯蓄が1位
ボーナスの使い道は貯蓄が1位


「2022年、頑張りたいこと(複数回答可)」を見ると、1位「貯蓄」が48%、2位「趣味」(47.8%)、3位「仕事」(41.6%)という結果に。約半数の人が、上位3つの項目を選択しています。
 
2022年に頑張りたいことは貯蓄と仕事と趣味
2022年に頑張りたいことは貯蓄と仕事と趣味


4位以降には「美容」や「運動」、「ダイエット」といった自己投資関連の項目が並び、7位に「投資」(23.3%)、9位には「副業」(16.2%)もランクインしています。
 

回答者の7割は「コロナ禍を経験しお金への不安が高まった」と回答

「コロナ禍を経てお金に対する不安は高まりましたか」を聞いたところ、「とても高まった」が29.4%、「まぁ高まった」が41.6%でした。7割の女性が「不安が高まった」と回答しています。
 
コロナ禍を経てお金に対する不安は高まりましたか?
コロナ禍を経てお金に対する不安は高まりましたか?


「将来のお金に対して今後はじめたいと思っていること」を見ると、1位「投資」が20%、2位「キャリアの見直し(副業・転職など)」が15.7%、3位「保険の加入、見直し」15.5%と続きます。
 
お金に対して今後はじめたいこと
お金に対して今後はじめたいこと

ボーナスは貯蓄に充て、今後は投資をはじめ、副業や各種金融商品の見直しもしたいという女性が多いことが明らかとなりました。

趣味や自己投資を意識しながらも、消費より貯蓄や投資を強く意識しているようです。長引くコロナ禍の影響により、お金への不安が高まっていることがうかがえます。


【おすすめ記事】
1万5000人調査「ボーナスが高い職種ランキング」! 年間平均「177.1万円」の1位職種は……?
2021年の冬ボーナス「支給あり」が約7割、支給額平均は約3万円増、使い道で最も多かったのは?
冬のボーナス、東京都の民間企業平均は約77万円。最も多い業種は?
3000人に聞いた「2021年の冬のボーナスの使い道」8年連続で「貯金」が1位、支給額と貯蓄に回す金額は?
2021年の冬ボーナス「支給あり」が約7割、支給額平均は約3万円増、使い道で最も多かったのは?

【関連リンク】
プレスリリース
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在