今年も変わらず鉄壁の布陣! M-1グランプリ2021決勝審査員紹介! なぜ? 選ばれている実績とは

SNSで審査員も審査されてしまう時代、審査員側の心労も相当なもの。毎年少しずつ入れ替わっていた決勝審査員が、2018年の第14回から現在の固定メンバーに。まさに命がけでM-1の権威を支える鉄壁の決勝審査員7人をご紹介します!(サムネイル画像はM-1公式サイトより)

漫才日本一を決める大会、M-1グランプリ!


2021年大会、史上最多となる6017組を勝ち抜いた9組の決勝進出者が、ついに発表されました。


今回は、大会の権威である決勝審査員の7人をご紹介します!

 

4年連続変更なし! 鉄壁の決勝審査員

それまで毎年少しずつ入れ替わっていた決勝審査員ですが、2018年の第14回から現在の固定メンバーになりました。


SNSで審査員も審査されてしまう時代。一夜にして芸人の人生を左右してしまうM-1決勝は、審査員側の心労も相当なもの。まさに命がけでM-1の権威を支える鉄壁の決勝審査員7人を、昨年の着席順でご紹介します!
 

上沼恵美子さん 

上沼恵美子さん (テイチクレコード公式サイトより)


6年連続9回目。前回大会での紹介キャッチフレーズは「伝説の女天才漫才師」。2007年に当時の大会委員長だった島田紳助さん直々の依頼により就任。


昨年の決勝にて「今年が最後」と発言したことで去就が注目されていましたが、無事に続投となりました。

 

松本人志さん(ダウンタウン)

松本人志さん(写真左。​​​​​右は浜田雅功さん。吉本興業公式サイトより)


6年連続15回目。キャッチフレーズは「お笑い界のカリスマ」。過去17回中15回で審査員を務め、コント日本一を決める大会、キングオブコントでも審査委員長を担当。


なお、昨年まで5年連続、松本さんが最終決戦で票を入れたコンビが準優勝となっています。

 

中川礼二さん(中川家)

中川礼二さん(写真右。左は中川剛さん。吉本興業公式サイトより)


7年連続7回目。キャッチフレーズは「M-1初代王者」。M-1史上唯一、圧倒的に不利とされるトップバッターで優勝。


歴代王者が審査員を務める形式だった2015年以降、現メンバーで唯一、新M-1すべてで審査員を務めています。

 

立川志らくさん

立川志らくさん(公式サイトより)


4年連続4回目。キャッチフレーズは「落語界の風雲児」。第2回で審査員を務めた立川談志さんの弟子であり、歴代4人目の落語家から選出された審査員。


現メンバーで唯一、審査したすべての年で、最終決戦で票を入れたコンビが優勝しています。

 

塙宣之さん(ナイツ)

塙宣之さん(写真​​​​​左。右は土屋伸之さん。漫才協会公式サイトより)


4年連続4回目。キャッチフレーズは「漫才の求道者」。漫才協会副会長であり、M-1史上唯一、歴代優勝者以外の大会経験者から選出された審査員。


2019年には『言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか』(集英社新書)がベストセラーとなったことでも注目を集めました。

 

富澤たけしさん(サンドウィッチマン)

富澤たけしさん(写真右。左は伊達みきおさん。グレープカンパニー公式サイトより)


4年連続5回目。キャッチフレーズは「国民的お笑い芸人」。M-1史上初、敗者復活からの優勝を果たした第7代王者。キングオブコントでも準優勝。


日経エンタテインメントの「好きな芸人ランキング」でも3連覇を達成するなど、人気と実力を兼ね備えた活躍を第一線で続けています。

 

オール巨人さん(オール阪神・巨人)

オール巨人さん(写真左。右はオール阪神さん。吉本興業公式サイトより)


6年連続9回目。キャッチフレーズは「お笑い界の鉄人」。漫才師として45年以上のキャリアを誇り、今もなお現役で舞台に立ち続ける漫才界のレジェンド。

 

高校生版のM-1である「M-1甲子園」および「ハイスクールマンザイ」でも筆頭審査員を務めています。



M-1グランプリ2021は、12月19日午後6時34分からABCテレビ・テレビ朝日系列で生放送。ぜひ観戦してみてはいかがでしょうか。



【おすすめ記事】
【M-1グランプリ出番順分析】決勝の何番目に出るのが有利? 最も優勝が多い出番順とは
【M-1グランプリのジンクス】信じるか信じないかはあなた次第? 優勝のジンクス・準優勝のジンクスとは
今や国民的行事に! 漫才日本一を決めるM-1グランプリ、意外と知らない歴史をおさらい
初決勝が有利? M-1グランプリ2021決勝コンビ紹介【初決勝組】
今年こそ優勝! M-1グランプリ2021決勝コンビ紹介【決勝経験組】

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」