初決勝が有利? M-1グランプリ2021決勝コンビ紹介【初決勝組】

M-1は初決勝が有利な大会。勝負ネタや漫才のスタイルが知られていないことで新鮮に映るため、爆発的なウケを巻き起こす可能性を秘めています。そんな全組が優勝候補ともいえる今年の初決勝5組を、エントリーナンバー順にご紹介します!

漫才日本一を決める大会、M-1グランプリ!


2021年大会、史上最多となる6017組を勝ち抜いた9組の決勝進出者がついに発表されました。今回は、その中でも決勝初進出となる5組をご紹介します!


過去に決勝を経験している4組についてはこちら
 

全組が優勝候補! 初決勝組

実は、M-1は決勝初進出が有利な大会。過去15回のうち8回という半分以上の割合で、初決勝のコンビが優勝しています。


漫才のスタイルが世間にバレていないので、新鮮に受け取られて爆発的なウケを巻き起こすからと考えられます。


そんな、全員が優勝候補ともいえる2021年初決勝5組を、エントリーナンバー順にご紹介します!

 

もも(吉本興業・大阪)


大阪NSCの同期で2017年に結成。翌2018年から3年連続で準々決勝に進出。正統派のしゃべくり漫才でありながら、2人の見た目を生かしたボケを交互に繰り出す、独特のスタイルを持つコンビ。

ちなみにエントリーナンバーは6で、1桁での決勝進出は史上初。「もも」の発音は、果物の桃と同じです。
 

真空ジェシカ(プロダクション人力舎)


3度の準々決勝敗退を経て、決勝に初進出。それぞれが慶應・青学在学中に出会い、コンビを結成。テレビ番組の学生芸人コンテストで決勝に進んだことをきっかけに人力舎がスカウト。


『AUN~大喜利コンビ王決定戦~』3連覇など、大喜利が強くシンプルにボケが面白いコンビ。アンタッチャブル以来17年ぶりとなる人力舎所属芸人の優勝が期待されています。
 

モグライダー(マセキ芸能社)


2017年から4年連続準々決勝敗退を経て、決勝に初進出。テレビ番組の企画『出川哲朗、狩野英孝に続く天然芸人の“原石”を探せ!』でも優勝を収めたともしげさんの天然なボケを、安定感抜群の芝さんがツッコむスタイル。

また、オールバックにだて眼鏡で気付かれにくいですが、芝さんは「隠れ超絶イケメン」としてもお笑いファンの間では有名。ついに世間にバレてしまうのか……!
 

ロングコートダディ(吉本興業・大阪)


3度の準々決勝敗退、2度の準決勝敗退を経て、決勝に初進出。コント日本一を決める大会、キングオブコントでも決勝経験のある今大会唯一のダブルファイナリスト。


コントと漫才を横断し、さらにネタによってボケ・ツッコミの役割も変わる変幻自在のコンビ。初のM-1決勝でどのようなネタをするのか、注目が集まっています。
 

ランジャタイ(グレープカンパニー)


3度の準々決勝敗退、2度の準決勝敗退を経て、決勝初進出。トガりすぎて東京NSC退学を言いわたされた伊藤さんを、面白いと思った国崎さんが追いかける形で自主退学したなど、数々のエピソードを持つコンビ。


奇想天外で型破りな漫才スタイルが特徴。昨年の「マヂカルラブリーは漫才じゃない論争」を超える論争が起きるかもしれません……!



M-1グランプリ2021は、12月19日(日)午後6時34分からABCテレビ・テレビ朝日系列で生放送。ぜひ観戦してみてはいかがでしょうか。


【おすすめ記事】
今年こそ優勝! M-1グランプリ2021決勝コンビ紹介【決勝経験組】
今年も変わらず鉄壁の布陣! M-1グランプリ2021決勝審査員紹介! なぜ? 選ばれている実績とは
【M-1グランプリ出番順分析】決勝の何番目に出るのが有利? 最も優勝が多い出番順とは
【M-1グランプリのジンクス】信じるか信じないかはあなた次第? 優勝のジンクス・準優勝のジンクスとは
今や国民的行事に! 漫才日本一を決めるM-1グランプリ、意外と知らない歴史をおさらい

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化