ダイソーの「ステンレス流し台ミガキ」(画像は全て筆者撮影)


毎日に使うキッチンのシンク。なかなか落ちない汚れが付いている……、なんてこともありますよね。筆者も例外ではなく、何を使って落とせばいいのか分からなくてそのまま放置していました。でも、ダイソーの「ステンレス流し台ミガキ」を使ったら、あんなに苦戦した汚れが劇的にきれいになったのです!
 

洗剤は使わない。水だけでOK

研磨剤が付いている

ダイソーの「ステンレス流し台ミガキ」は、イギリス生まれの新研磨剤を使用しています。
 
新研磨剤はイギリス生まれ

洗剤は使わずに水だけでサビや小さな傷、こびりついて取れない汚れなどを落としてくれます。
 
スポンジのように柔らかい


スポンジのような柔らかさなので、カーブをしている部分でもフィットします。
 

実際に汚れを落としてみた

早速シンクの汚れを落としてみました。
 
シンクの角の部分の汚れ

汚れていたのは、シンクの角の部分と、排水溝の近くです。
 
排水溝の汚れ

なかなか落とすことができず半分諦めていた汚れです。水をつけて「ステンレス流し台ミガキ」でこすってみたところ……。
 
シンクの角の汚れが取れた!

汚れがきれいに落とされていました。
 
排水溝の汚れもきれいに!


正直これにはびっくり。かなり長い間苦戦していた汚れだったのですが、ダイソーの「ステンレス流し台ミガキ」を使うことによってほんの数秒できれいになりました。使った後は「ステンレス流し台ミガキ」を干して乾燥させれば、また使うことができます。
 

小さな傷がついてしまうことも

細かい傷がつくこともある


ダイソーの「ステンレス流し台ミガキ」には研磨剤が使われているので、強くこすりすぎたり、磨く素材によっては、小さな傷がついてしまうことがあります。筆者もダイソーの「ステンレス流し台ミガキ」を使って蛇口を磨いてみたのですが、こすった跡がうっすらとついてしまいました。パッケージにも書かれているのですが、まずは狭い部分で試してみると安心です。
 

ダイソーの「ステンレス流し台ミガキ」はずっと落ちなかった汚れでもきれいに落としてくれるとても便利なアイテムです。これから大掃除の時期を迎えるので、本格的に汚れを落としたいと思ったらこのようなアイテムを使ってみるのもオススメですよ。筆者が購入した時には、キッチンの掃除用品コーナーに置かれていました。価格は110円(税込)です。



【おすすめ記事】
ダイソーの「ミニボトル洗いブラシ」は洗濯機の隙間掃除にすごく役立つことが判明
油料理のイラッとする後始末が超ラクになる! ダイソーの「わたぐも」がとっても優秀
ダイソーの「曲がる!キッチンブラシ」 実はサッシや床の隙間の掃除に最適だった!
「ダイソーネットストア」が全国展開スタート! 欲しいアイテムを1個単位で、合計1650円から注文可能
ダイソーで「焼き干し芋」を発見! 「平切りタイプ」「スティックタイプ」を食べ比べてみたら……