「焼き干し芋」の​​​​​​「平切りタイプ」「スティックタイプ」(画像はすべて筆者撮影)​​​​​​


ダイソーのレジ近くにはおすすめの食品が並んでいることが多いのですが、ここ最近ずらりと並んでいるのが「焼き干し芋」です。筆者が利用する店舗では、かなりのスペースを使って陳列しています。おそらくダイソーのイチオシなのでしょう。それほどおすすめならば買って食べてみよう。そんな気持ちになってしまいました。
 

「焼き干し芋」には「平切りタイプ」「スティックタイプ」がある

左が「スティックタイプ」、右が「平切りタイプ」

ダイソーの「焼き干し芋」には、2つの種類があります。「平切りタイプ」と「スティックタイプ」です。
 
平たい形の「平切りタイプ」

「平切りタイプ」は、その名の通り平たい形をしています。
 
持ちやすい「スティックタイプ」


「スティックタイプ」はパッケージに「食べやすいスティックタイプ」とあるように、スティック野菜のように手で持って食べやすそうな形状です。
 

色が違うけれど……

「焼き干し芋」のパーケージ​​​


「平切りタイプ」「スティックタイプ」は、同じ芋菓子でも色が異なります。しかしパッケージに書かれた原材料はどちらも「さつまいも」で、具体的な品種が書かれていませんでした。もしかしたら、さつまいもの品種が違うのかもしれません。
 

内容量に違いがある。「平切りタイプ」の方がお得

同じ「焼き干し芋」ですが、「平切りタイプ」「スティックタイプ」で内容量にも違いがあります。
「平切りタイプ」は90g入り

「平切りタイプ」は90g入りです。
 
「スティックタイプ」は80g入り


「スティックタイプ」は80g入りなので、量だけで考えれば「平切りタイプ」のほうがお得です。
 

歯応えは「スティックタイプ」の方が若干強い

繊維が目立つ「スティックタイプ」


「焼き干し芋」を食べたところ、甘みに関しては「平切りタイプ」「スティックタイプ」でほとんど違いを感じませんでした。少し辛口になるかもしれませんが、若干甘味が薄いかなという印象。もしかしたら筆者が普段食べている干し芋が、茨城県産なのも関係があるかもしれません。
 

茨城県では干し芋生産が盛んで、機械乾燥ではなく天日干しの干し芋が多く販売されています。ダイソーの「焼き干し芋」とは、製造方法に違いがあるのかもしれません。
 

食べたときの食感や歯応えに関しては、スティックタイプのほうが若干歯応えがありました。半分に折ると繊維がたくさんあったので、それも関係しているのでしょう。ただ、すごく固いというわけではなく、干し芋ならではの柔らかさがあります。思いのほか歯にくっつくので、歯に詰め物をしている人は、もしかしたら金属などが取れてしまうかもしれません。これには注意が必要です(以前、筆者は干し芋を食べて金属が取れた経験があります)。
 

焼いてみると、「平切りタイプ」のほうが香ばしい

「焼き干し芋」を焼いてみた

「焼き干し芋」は、電子レンジやオーブントースターで温めるとさらにおいしくなるとパッケージに書いてあります。
 
加熱の仕方はパッケージに記載あり


1袋分を加熱する場合、電子レンジ500Wでは30秒、オーブントースター180度では35秒。袋ごと温めることができないので、必ずお皿などに移し替えます。
 

筆者も実際にオーブントースターで焼いてみました。時間は少し長めで2分です。その結果「平切りタイプ」のほうが香ばしさを感じました。おそらく焼ける面が広いからだと思います。スティックタイプは先端がカリカリになるので、この固さや歯応えがおいしさを引き立たせます。味や食感に関しては、食べる人の好みになってしまいますね。
 

ダイソーの「焼き干し芋」は、「平切りタイプ」「スティックタイプ」いずれも1袋110円(税込)です。内容量を考えても、1回で食べきれる量ではなさそうです。それと最後にもう1点注意事項があります。「焼き干し芋」はベタベタするので、素手で食べる場合にはお手拭きなどを用意しておくと良いですよ。
 

【おすすめ記事】
ダイソーの隠れた名品!? 美味しくてコスパ良しのスイーツ3種
SNSでも話題! 品薄状態が続くダイソーの「ミニ洗濯機」は、なぜこんなに人気なのか?
ダイソーのワイヤレスイヤホンは1100円とは思えない音質と使い心地。これはお買い得!
ペットボトルや食品トレーの「ごちゃ混ぜ」を解消! ダイソーの仕切り付きダストバッグが優秀
ダイソーの「ミニボトル洗いブラシ」は洗濯機の隙間掃除にすごく役立つことが判明