ダイソーの「ミニボトル洗いブラシ」は洗濯機の隙間掃除にすごく役立つことが判明

ダイソーに買い物に行ったとき、ボトルの内側の汚れが落とせるということで買った「ミニボトル洗いブラシ」。L字型になっているのが特徴で、普通のブラシでは届かないボトルの口近くにもリーチできる便利な掃除アイテムです。でもこの「ミニボトル洗いブラシ」、掃除に苦戦をしていた洗濯機でものすごい威力を発揮してくれました。

ダイソーの「ミニボトル洗いブラシ」(画像はすべて筆者撮影)


ボトルの内側の汚れが落とせるダイソーの「ミニボトル洗いブラシ」。L字型になっているのが特徴で、普通のブラシでは届かないボトルの口近くにもリーチできる便利な掃除アイテムです。でもこの「ミニボトル洗いブラシ」、掃除に苦戦をしていた洗濯機で、ものすごい威力を発揮してくれました。

 

洗濯機の掃除に大苦戦

白い部分で掃除をする


筆者の家では縦型の洗濯機を使っていて、洗濯槽の部分にちょっとした隙間ができてしまいます。そこにびっくりする位の汚れがついているのですが、うまく取ることができずにいました。
 

綿棒を隙間に入れて取ろうと思ったこともありますが、綿棒が細すぎて汚れをうまくキャッチできません。歯ブラシになると太さがあって隙間に入りません。そのため何かいい道具がないかなと思っているところで、ダイソーのミニボトル洗いブラシを見つけました。
 

洗濯槽の隙間の汚れ

かなりの汚れが……

どうやって掃除をすればいいのか分からなかった洗濯機。あらためて見ると、驚くほど汚れていました……(写真の黒い汚れは、ナイロン素材の黒いエコバッグを洗ったときのもの。バッグが擦れて、汚れてしまいました)。
 
隙間にグイッと入れる

「ミニボトル洗いブラシ」を隙間に入れます。最初は抵抗がありますが、白いブラシ部分を潰すイメージで差し込んでいきます。そして縁に沿って動かしていきます。
 

隙間の汚れが取れています! それもそのはず、「ミニボトル洗いブラシ」に汚れがしっかりついています。
 
汚れをキャッチ
もう片方も汚れがすごい


「ミニボトル洗いブラシ」がぴったりくっつくので、上下とも汚れが取れるのです!
 

ゴミ取りネットのところも掃除可能

「ゴミ取りネット」のところも掃除ができる

洗濯槽についているゴミ取りネットのところも、想像以上に汚れているものです。筆者が使っている洗濯機では、ゴミとりネットを取り外して掃除をします。「ミニボトル洗いブラシ」を差し込むと、奥まで入っていきます。これで汚れをキャッチ!
 

洗ってまた使える!

水洗い後


「ミニボトル洗いブラシ」のブラシ部分はアクリルでできていて、洗って再利用ができます。持ち手がフックになっているので、掛けて干すこともできます。1回使って捨てるにはもったいないので、うれしいですよね。
 

ダイソーの「ミニボトル洗いブラシ」は1本110円。何度も使えるので、コスパも最高です。何よりこれまで掃除ができなくて諦めていた洗濯槽の掃除ができるなんて、本当に便利なアイテムです!
 

※筆者は縦型の洗濯機を使っています。ドラム式で使えない可能性もあります。また縦型でも洗濯機によっては隙間の幅が違うこともあり、すべての洗濯機で活用できるとは限りません


【おすすめ記事】
ダイソーの「曲がる!キッチンブラシ」 実はサッシや床の隙間の掃除に最適だった!
便利な100均アイテム! バックの中のタオル迷子を解決するダイソーの「タオルキーホルダー」
SNSでも話題! 品薄状態が続くダイソーの「ミニ洗濯機」は、なぜこんなに人気なのか?
便利アイテムなのに磁石だから使えない! その問題、ダイソーの「スレンテス補助プレート」で解決!


 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化