2021年のWebサイトアクセスランキング! 2位は「Amazon」! 1位とアプリ利用者数のTOP3は?

ヴァリューズは「Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2021」を発表しました。2021年で利用されたWebサイト、2位は「Amazon」、アプリ利用部門では、2位「Twitter」でした。果たして1位は?

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供するヴァリューズは11月25日、「Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2021」を発表。全国20歳以上の男女を対象に、2021年1~10月のWebサイトのアクセス数やスマホアプリの起動数を調査し、ランキング形式でまとめたものです。

コロナ禍が長期化し「コロナ慣れ」といったワードも見かけるようになった2021年。インターネット利用にはどのような変化があったのでしょうか。
 

2021年の年間TOP3は、Google、Amazon、楽天市場


今年、ユーザーが最も多くアクセスしたWebサイトは、1位「Google」、2位「Amazon」、3位「楽天市場」でした。TOP3は2020年と変わらない結果に。

前年比から増加しているサイトの中で伸びが顕著だったのは「Google Docs」で122.3%(20%増)。リモートワークなどが増え、Googleの仕事関連サービスの利用が増えているのかもしれません。
 

年代別で見ると、TOP3はどの年代も総合ランキングと同様にGoogleやAmazon、楽天市場でした。20~40代は「Google Docs」の伸び率が高く、60代以上はTOP20すべてのサイトが前年より増加。シニア層のネット利用が高まっていることがわかります。
 

アプリ利用者数ランキング、20代では「Uber Eats」が前年比1.4倍


アプリ利用者数ランキングTOP3を見ると、1位は「LINE」、2位「Twitter」、3位「Amazon ショッピング」と続きます。アプリ利用者数で特に伸び率が大きかったのは、ポイント関連やキャッスレス支払いアプリ、コンビニ、ショッピングサイトなど。
 

年代別結果では、全年代とも「LINE」が1位、2位以降は、20代はSNSが人気、40〜60代ではショッピングサイトやキャッシュレスアプリ「PayPay」がランクインしています。全体を見ると、20代の「Uber Eats」が138%と4割近く伸びており、フードデリバリーサービスが若年層から定着しつつあることがうかがえます。


【おすすめ記事】
LINEで使わないともったいない便利機能3選! 上級者なら当たり前?
Amazonの買い物で損をしない3つのコツ! 悪質ショップを見抜くには
Twitter、有料版「Twitter Blue」を米国とニュージーランドでも開始! 「Nuzzel」の機能も
1番良いと思う「スマホ新料金プラン」ランキング! 2位「povo2.0」を抑えた圧倒的1位は?
 
【関連リンク】
プレスリリース
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応