Amazonの買い物で損をしない3つのコツ! 悪質ショップを見抜くには

「ブラックフライデーセール」に備え、Amazonで賢く買い物するためのツールを3つご紹介。Amazonが販売・発送する商品のみを表示してくれる「AmazonSeller Filter」、評価のウソを見抜く「サクラチェッカー」、価格推移や適正価格をチェックできる「Keepa」の使い方を解説します。

11月26日より、Amazon年末大セール「Amazonブラックフライデー」がスタートします。普通のセールにはない「ビッグサプライズセール」が特設されるほか、「クロ(ブラック)」にちなんだ企画や商品が、通常ではありえないような価格で販売されることも。
 

本記事では、そんなお祭りイベントに備えてAmazonで賢く買い物をするための3つのツールを紹介します。どれも簡単に使えるものばかりですので、普段からよくAmazonを利用する人にもおすすめです!
 

1. 評価のウソ・水増しをチェックする「サクラチェッカー」

「サクラチェッカー」は、Amazonで高評価水増しやウソの評価コメントで印象よく見せようとしている商品をチェックできるツールです。使い方は、Webブラウザで「サクラチェッカー」と検索してサクラチェッカーサイトにアクセス。トップページにある検索バーにAmazonで調べたい商品のURLを入力して「Go」をクリックするだけ。
 
 複数の観点から安全性を総合的に判断(sakura-checker.jp)
 複数の観点から安全性を総合的に判断(sakura-checker.jp)


サクラ度のほかに、各項目ごとの安全性や価格推移、ほかのショッピングサイト価格やAmazon内での平均価格との比較などを総合した指標を表示してくれます。
 

2. Amazonが販売・発送する商品だけを表示する「AmazonSeller Filter」

「AmazonSeller Filter」は、Amazon公式サイト(amazon.co.jp)の商品検索結果を「Amazonが販売・発送する商品」に絞って表示してくれるGoogle Chromeの機能拡張です。
 

Amazonは、同じ商品でもさまざまな販売業者が取り扱っており、価格だけを見て選んでしまうと、商品到着までに時間がかかったり、最悪の場合、粗悪なコピー商品を買わされてしまったりといった事例があとを絶ちません。
 

心配な人は、検索結果を「Amazonが販売・発送する商品」に限定して買い物しましょう。
 

3. 欲しい商品の適正価格と価格推移を確認「Keepa」

「Keepa」は、Amazonで販売されている商品の「適正価格」や「価格推移」を確認できるサービスです。公式サイト「Keepa.com」のほか、Google Chromeの機能拡張やiOS/Androidアプリも配信されています。
 
価格推移や適正価格を確認(Keepa.com)
価格推移や適正価格を確認(Keepa.com)


欲しい商品名を入力し、検索結果からお目当ての商品を選びます。詳細ページからは、1日〜3カ月の価格推移や新品、中古、Amazonの価格などが一覧で確認できます。セールになっている商品が「本当に安くなっているのか」や「セールでどれくらい割引されているのか」などを、関連情報を交えながら確認できます。
 

日々便利になっていくAmazonですが、落とし穴もまだまだたくさんあります。さらに便利に賢く使っていくために、本記事で紹介したツールをぜひ活用してみてはいかがでしょう。


【おすすめ記事】
「Amazonブラックフライデー」11月26日スタート! 日替わりセールの日程やおすすめ商品は?
【Amazonブラックフライデー】いよいよスタート! 事前に予告されていた目玉商品をチェック
【Amazonブラックフライデー】IoT家電が最大50%引き! 3万円OFFの商品も
無印良品が「家具・家電10%OFF」セールを開催! 店舗とネットストアで11月19日から
Amazon「当日便」が東京21区を対象にさらにスピーディーに! 数時間で届く

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も