300人が選んだ「ヤンキー漫画」人気ランキング! 2位『今日から俺は!!』を抑えた1位は?

男女300人が選んだ「ヤンキー漫画」人気ランキングを発表! アニメ化や実写映画化もされている、数々の「ヤンキー漫画」の中から、『クローズ』、『今日から俺は!!』を抑えて1位を獲得したのは? (画像出典:Amazon)

WonderSpaceは11月24日、「ヤンキー漫画人気ランキング」を発表。同調査は、10~50代以上の男女300人を対象にインターネット上で実施されました。アニメ化や実写映画化もされている数々の人気「ヤンキー漫画」の中から選ばれた、ランキングTOP10を発表します!
 

第3位:『クローズ』

(画像出典:Amazon

『月刊少年チャンピオン』(秋田書店)で1990年から連載された『クローズ』が3位。2007年には実写化映画『クローズZERO』も公開され、主人公・滝谷源治(たきやげんじ)を小栗旬さんが演じました。映画がきっかけで漫画を読んだという人も多いようです。

回答者からは、「出てくるキャラクターがとにかくカッコイイ。主人公がとにかく強く、負けないという設定も憧れを抱く点でした」「中学生の時に初めて読み、ヤンキーのカッコよさや不良に始めて憧れを持ち始めるきっかけになった本です。登場するキャラクターの個性が本当に際立っており、この漫画を通して人間としての大切さを教わりました」「ヤンキー漫画を見た後は気分的に自分も強くなった気になるのはあるあるだと思います。男同士の友情に弱いので心にかなり刺さりました」などのコメントが寄せられました。
 

第2位:『今日から俺は!!』

(画像出典:Amazon

1988年に『週刊少年サンデー増刊号』から連載開始の『今日から俺は!!』。ヤンキー漫画でありながらギャグ要素が強いことでも幅広く人気を集めています。2020年には実写化ドラマに引き続き、主人公・三橋貴志(みつはしたかし)を賀来賢人さん、伊藤真司(いとうしんじ)を伊藤健太郎さんが演じる実写化映画も公開されました。

回答者からは、「喧嘩シーンを除けばギャグ漫画なのかなと思うほど、女の私が読んでも全く飽きないので大好きです。ただ面白いというだけでなく、ツッパリ同士の絆ができてくるところがとても胸が熱かったです!」「面白いな〜と思う漫画はたくさんあっても、思わず吹き出してしまった漫画は『今日から俺は!!』が初めてなんです。ほんとにギャグセンスがツボすぎて1巻から最終巻までほぼ笑ってました」「主人公の三橋がとにかく好きです。卑怯と色々な人に言われても、基本はタイマンで、拳で戦う姿がカッコいいです。相手が複数であったり、武器を使う等敵の方が卑怯な場合も多い中、そのような相手を倒していくスカッとした内容が良いです」などの声が見られました。
 

第1位:『東京卍リベンジャーズ』

(画像出典:Amazon

2017年から『週刊少年マガジン』で連載中の『東京卍リベンジャーズ』が1位を獲得。テレビアニメ化に続き、主人公・花垣武道(はながきたけみち)を北村匠海さんが演じた実写化映画も今年公開されました。タイムリープあり、サスペンスありの新しいヤンキー漫画。予測不能な展開に魅了されている人は多いようです。

回答者からは、「ヤンキーの熱い友情だけでなく、タイムリープを絡めることで作品がさらに面白く深くなっていると思います。どんどん続きが読みたくなる素敵な作品」「過去が変わっても未来がいいとは限らない。未来をよくしようとしているのに誰かが邪魔している気がする。ハラハラする感じが大好きです」「ヤンキー特有の仲間意識から始まる友情などに感動できる作品になっていると思います。また、この作品に出るキャラクターがかっこよくて濃い人物が多く、話の内容も加味してとても面白い内容になっていると感じた」などのコメントが寄せられました。


>10位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
『スラムダンク』の「桜木花道」を演じてほしい芸能人! 2位「桐谷健太」、1位は?
好きな「スポーツ漫画」ランキング! 『MAJOR』『ハイキュー』を抑えた1位は?
好きな「グルメ漫画」ランキング! 『食戟のソーマ』『きのう何食べた?』を抑えた1位は?
好きな「音楽漫画」ランキング! 『けいおん!』『NANA-ナナ-』を抑えた1位は?

【関連リンク】
プレスリリース
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化