真矢ミキ、23年ぶり男役にファン歓喜「青春時代にタイムスリップできました」

女優の真矢ミキさんが、11月24日に自身のInstagramを更新。11月22日に千秋楽を迎えた宝塚歌劇花組・月組100th anniversary「Greatest Moment」で演じた23年ぶりの男役の際の写真を投稿し、話題になっています。

女優で元宝塚歌劇団花組の真矢ミキさんが、11月24日に自身のInstagramを更新。23年ぶりに演じた男役姿の写真を投稿しました。
 

「久しぶりの男役ではありましたが」美しすぎる男役ショットにファン歓喜


11月22日に千秋楽を迎えた宝塚歌劇花組・月組100th anniversary「Greatest Moment」で23年ぶりとなる男役を演じた真矢さん。演じた時の男役姿を写した写真を3枚投稿し、「昨日、宝塚花月合同100 周年、無事千秋楽となりました。」と報告しました。
 

「久しぶりの男役ではありましたが、あの頃に戻ると言うより、"その人物を生きる"と言う、気づけば、俳優の仕事と何も変わらない世界で新たに男役を生きた気がしました。自分でも不思議なくらい自然に、、」と、久しぶりの男役を演じた心境を明かしました。
 

「大切なホームグラウンドの先輩、同期、後輩との時が愛おしかったです。お客様が愛おしかったです。」「心の深いところより、ありがとうございました」と、各方面に感謝をつづった真矢さん。
 

コメント欄には「真矢ミキさんモード全開であっとゆうまに青春時代にタイムスリップできました。ステキなヤンミキムードをありがとうございました」「在団のときみたことなく、みきさんの男役姿…退団後みれたこと…そして、やんさん、みきさんの並びみれたことが、念願に叶いました」などファンから歓喜の声が多く集まりました。


>真矢ミキさんのその他の投稿を見る


【おすすめ記事】
木村沙織が大胆なイメチェンショットを披露「イメージガラッと変わった」「広瀬すずかと思った」
鈴木保奈美、大胆な肩出しドレス姿に「アカデミー賞かと思っちゃいました」
池田エライザ、ブラックコーデのイケてる全身写真に「9頭身くらいあんじゃん!」
倉科カナ、セクシーな服を着て花を持つ写真にファン歓喜「色気が駄々漏れ」「服どうなってるんですか?」

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応