転職サービス「doda」を運営するパーソルキャリアは、学生を除く20~59歳の男性555人を対象に、「男性育休に関する意識調査」を実施し、結果を公開。男性育休の取得率や取得期間、取得してよかった理由などを尋ね、まとめたものです。

ジェンダーギャップ問題や働き方改革などが話題の昨今、働く男性たちを取り巻く「育休」の実態について紹介します。
 

子を持つ男性「育休取得経験ない」が8割超

子どものいる20~50代の男性に、育休取得の有無を聞いたところ、全体の84.6%は「取得したことがない」と回答。8割超の男性が、育休取得の経験がないと判明。
 
子育て経験がある男性の育休取得の割合
子育て経験がある男性の育休取得の割合

育休取得経験がある人に、「どのくらいの期間取得したか」を聞いたところ、第1子誕生時は1週間が29.8%、2〜3週間が27.9%、1カ月以上が42.2%。第2子誕生時は1週間が31.3%、2〜3週間が15.8%、1カ月以上が52.8%。第2子誕生時のほうが、育休を多く取得する人の割合が増えています。
 
実際に取得した期間
実際に取得した期間
 

若年層のほうが育休取得に積極的な一方、取得希望期間は?

将来子どもができたとき育休を取得したいかを聞いたところ、「取得したい」と答えた割合は、20〜24歳が84.6%、25〜39歳が80.1%、40〜59歳が69.6%という結果に。
 
各世代の育休取得に対する意欲
各世代の育休取得に対する意欲

各世代の取得希望期間は、20〜24歳は、1週間以内が12.2%、2~3週間以内が24.2%、1カ月以上が63.6%。

25〜39歳は、1週間以内が9.0%、2~3週間以内が30.8%、1カ月以上が60.2%。

40〜59歳は、1週間以内が4.3%、2~3週間以内が21.4%、1カ月以上が74.3%でした。
  
各世代の育休取得期間
各世代の育休取得期間

「育休を取得したい」と答えた割合と「取得希望期間」を長めに希望する割合が、各世代で逆転しているような現象が見られるのは、自身や周囲の子育て経験などが影響しているものと推察されます。


>>次ページ:育休、取得してよかった理由・取得しなかった理由とは


【おすすめ記事】
男性育休を取得しなかった理由……3位「必要性を感じなかった」2位「収入を減らしたくなかった」、1位は?
女性500人に聞いた「生理前~生理中に辛いこと」、1位は? 「全て当てはまる」という人も
女性500人に聞いた、生理中の失敗エピソード。「トイレットペーパーでしのいだ」「白いワンピースが……」
「女性が恋人に求める年収」が判明! 3位「301~450万円」、2位「601~800万円」、1位は?