男性育休を取得しなかった理由……3位「必要性を感じなかった」2位「収入を減らしたくなかった」、1位は?

エバーセンスは「男性育休」に関するアンケート結果を発表しました。調査対象は同社サービスの利用者563人です。男性育休を取得しなかった理由1位は「職場の理解がなかった」。男女ともに育休を取得したら期待することは「子育ての大変さを共有」でした。

出産や育児についてのサービスを展開するninaruシリーズの運営会社・エバーセンスは「男性育休」に関するアンケート結果を発表しました。調査期間は5月21日~6月13日で、対象はninaruシリーズの利用者563人(男性196人・女性367人)です。
 

男性育休を取得しなかった理由1位は「職場の理解がなかった」

40.1%の人が「職場の理解」を得られず、男性育休の取得を断念

「男性育休」を取得しなかった理由は「職場の理解がなかった」(40.1%)が最多で、次いで「収入を減らしたくなかった」(19.9%)、「必要性を感じなかった」(16.2%)と続きました。

男性育休を取得しなかった人からは「昇進したばかりだった」「人員に余裕がなかった」「前例がなかった」などの声が集まりました。
 

男性育休の取得に効果的だと思うのは「上司や同僚の理解・サポート」

「上司や同僚の理解・サポート」が男性育休の取得に効果的か

男性の育休取得に効果的なことは「上司や同僚の理解・サポート」(77.2%)が最多で、次いで「職場の積極的な推進」(68.6%)、「収入の保障を手厚くする」(52.9%)と続きました。

職場に「男性育休」の取得をサポートする体制があり、収入への不安も払拭できれば育休を取りやすくなるでしょう。
 

男女ともに育休を取得したら期待することは「子育ての大変さを共有」

育休を取得したら期待することは、男女ともに「子育ての大変さを共有」が最多
 

夫婦で育休を取得できた場合に期待することは「子育ての大変さを共有」で、男女ともに最多でした。また、男性は女性よりも「子育ての楽しさを共有」(60%)を重視しているという結果に。一方で、女性は男性よりも「自分一人の時間が持てる」(25.6%)を期待していることがわかりました。

【おすすめ記事】
パワハラ・セクハラ・マタハラ……行為者の自覚はある? 社会人1万1209人へのアンケート結果を発表!
家事&育児のパパママ実比率は「9:1」が1位、現役子育てペアの理想と現実が明らかに
パパの在宅勤務、8割のママが好意的「育児に積極的に」
約9割の母親が「家事育児と仕事の両立」に不安、育休復帰ママの悩みとは

【関連リンク】
プレスリリース

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性