「話していない時はミュート」若年層ほどオンライン会議マナーを意識。シニアは「特になし」約3割

NTTドコモ モバイル社会研究所は、オンライン会議で意識しているマナーについて調査しました。対象は15~79歳の男女です。「話をしていない時にはミュート」が最多で、若年層ほど高い割合に。シニアの約3割は「特に何もしていない」と回答しました。

オンライン会議で意識していること

オンライン会議の際に意識している「マナー行動」(n=1666、複数回答)

<記事に戻る

【おすすめ記事】
「月収25万円で出社勤務」VS「月収18万円でテレワーク勤務」5.6倍の大差で勝ったのは?
4000人調査「仕事を辞めたいと思ったことアリ」8割以上。Z世代のみ「給与」が理由1位、その他世代は?
「完全テレワークになっても通勤30分圏内に住み続けたい」約5人に1人が回答! その理由とは……?
過半数の学生が「転職」を視野に就活。「企業に依存しないキャリア形成」を約7割が意識する理由とは?
「社内コミュニケーションが希薄化した」テレワーカーの約9割が回答! 打開策として有効なのは?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応