日本トレンドリサーチときらくハウスによる調査、「完全テレワークになった場合の住まい」に関するアンケート結果が発表されました。
 

テレワークをしていない会社員744人を対象にアンケートを行い、完全テレワークに切り替わったとしたら住まいの立地条件はどのように変化するのかをまとめました。
 

半数近くの人が「会社まで片道30分以内」に住んでいる

質問「現在の住まいに当てはまることをすべてお選びください(複数回答可)」の結果を見ると、最も多かったのが「買い物に不便しない」で58.9%、2位が「勤務先まで片道30分程度で行ける」46.2%、3位「最寄り駅まで徒歩15分以内」44.8%と続きます。
 

TOP3とも、生活利便性や通勤を考慮した結果が反映されています。2位の「勤務先まで片道30分程度で行ける」から、半数近い人が通勤しやすい場所を選んでいることが分かりました。
 

約5人に1人が「テレワークになっても会社まで30分圏内に住みたい」

次に、「もし完全テレワークで仕事ができるとしたら、どのような場所に住みたいか、必要な条件をすべてお選びください(複数回答可)」の結果を見ると、「買い物に不便しない」が62.6%で最も多く、2位が「公園や緑が多い」が43.8%、3位「医療機関が近い」38.2%という結果に。
 

「現在の住まいに当てはまることをすべてお選びください」の回答で多かった「最寄り駅まで徒歩15分以内」は29.3%、「勤務先まで片道30分程度で行ける」は22.6%でした。
 

完全テレワークになった場合の住まいの条件に「勤務地までの距離」を考慮した人としなかった人には、それぞれどんな理由があるのでしょうか。
 

通勤しやすい街には生活利便施設が整っている?

必要条件に「勤務地まで片道30分程度で行ける場所」を選んだ人のコメントを見ると、「テレワークであれば仕事上交通の便が悪くても良いと思うが、買い物の不便は困る(30代・女性)」や「テレワークがあろうとなかろうと、生活するのに便利な地域に住みたいので(50代・男性)」といった意見が目立ちます。
 

街の施設や交通機関の充実度は通勤が前提だった時代が反映された作りになっているため、「勤務地まで片道30分程度で行ける場所」というのは生活利便性との結びつきが強いのかもしれません。
 

一方、必要条件に選ばなかった人では、「せっかく家で仕事をするなら静かな落ち着いた環境がいいから(30代・女性)」や「買い物も繁華街も近い方が良い。会社や交通の便はテレワークであればあまり関係ないから(40代・男性)」といったコメントが見られました。

>次ページ:完全テレワークになったら住みたい場所の条件ランキング
 

 

【おすすめ記事】
「月収25万円で出社勤務」VS「月収18万円でテレワーク勤務」5.6倍の大差で勝ったのは?
塩野義製薬も導入、“週休3日制”に託された未来。いまだ労働時間にこだわる日本企業に未来はあるか
企業に聞く、コロナ禍で判明した「無くてよかったもの」! 定時勤務や社内イベントを抑えた1位は?
「勤務時間開始ギリギリまで寝ている」20代女性が最多で64.8%!ビジネスパーソンの「睡眠」実態調査

【関連リンク】
プレスリリース
完全テレワークになったとしても22.6%が「勤務先まで30分以内の場所に住みたい」(日本トレンドリサーチ)
きらくハウス