ウェイブダッシュが運営する「生活ガイド.com」は、2019年10月1日~2021年10月4日の間に一度でも同サイトへログインしたことがあるユーザーを対象に、「全国戻りたい街ランキング2021」のトップ20を10月19日に発表しました。

今回はその中から、ユーザーが戻りたいと思った街ベスト3を紹介します。

※母数が少ないと正確な数値が出ないため、生まれ育った街と住んでいる街の市区町村が異なる会員の数が、15以下の市区町村は除外
 

3位:香川県 三豊市

紫雲出山

3位は、SNSで話題になった日本のウユニ塩湖といわれる「父母ヶ浜」があることで有名な三豊市でした。同市は『じゃらん』の「行ってみたい夕日絶景ランキング2018」で1位を獲得し、いま注目を集めています。

三豊市住民意識チャート

上記の住民チャートを見ると、交通利便性と店舗の充実のポイントは低めなものの、それ以外の「街並みや雰囲気」「地域交流」「安全」「愛着」は高ポイントです。低いポイントの項目を抑えても、市民たちから愛される街という結果になりました。
 

2位:福岡県 福岡市

シーサイドももち

2位には福岡市がランクイン。福岡といえば、めんたいこ、博多ラーメン、もつ鍋などグルメに富む街ですね。コメントでは「おいしいものが安く食べられる」という声が多く、県外や市外に出た方は懐かしさとともに「戻りたいな」「帰りたいな」と感じるのかもしれません。

福岡市住民意識チャート

生活面においては、「コンパクトにまとまっており、移動がしやすい」「飛行機、新幹線、船、バスと交通網が発達して便利」「海や山などの自然が近くにある」など、バランスの良さも魅力の1つといえるでしょう。
 

1位:兵庫県 明石市

「魚の棚」商店街

1位に輝いたのは、兵庫県の明石市でした。同市は約30万人の中核市で、人口減少が見られる神戸市に対し、明石市は7年連続で人口が増加しています。明石市は山陽新幹線の停車駅もあり、大阪・神戸方面へのアクセスの良さも評価されています。

明石市住民意識チャート

同市の住民会員の声によると、「都会と田舎のバランスが良い」という意見が多く寄せられました。「瀬戸内海に面した自然環境と、海産物店が軒を連ねる『魚の棚』をはじめ、明石駅周辺が栄えている」「神戸や兵庫に行きやすい」「田舎すぎず、都会すぎないバランスの良さ」など、自然と都会のバランスの良さが評価された結果となりました。

いかがでしたでしょうか。都会と田舎のバランスの良さ、安くおいしいものが食べられる、絶景が見られるなど、1~3位でおのおの特徴にばらつきがありました。いずれの市も、市外・県外に出ているからこそ分かる、その街の良さが色濃く出た結果となったようです。
 

※住民意識チャートとは
生活ガイド.com会員が、自分の住んでいる街を6つの視点で2段階評価したものを集計し、レイダーチャートにしたもの。累計となり、今回の調査対象者以外の人も評価に参加しています
 

>20位までの全ランキングを見る

 

【おすすめ記事】
・「全国住みたい街ランキング2021」発表! 2位は「北海道 札幌市」、今回9連覇の1位は?
・全国の住みここち「都道府県」ランキング! 3位「福岡県」、2位「兵庫県」、2年連続の1位は…!?
・首都圏の独身男女2000人が選ぶ「住みたい街」ランキング! 3位「横浜」、2位「新宿」、1位は4年連続で?
・大阪府民に聞いた! 大阪府で引っ越ししたい街ランキング 2位「堺市」、1位に輝いたのは!?


【関連リンク】
プレスリリース