若い頃(20~30代)と変わらない元気さに驚かされる男性芸能人ランキング! 1位は歌手の?

全国の40~79歳の男女1000人が選んだ「若い頃(20、30代)と変わらない元気さに驚かされる男性芸能人」ランキング! 3位の「加山雄三」さん、2位の「明石家さんま」さんを抑えた1位は……? TOP10をご紹介します。

養命酒製造は9月14日、「大人の疲れケア」をテーマにしたアンケート調査結果を発表。調査は、全国の40~79歳の男女1000人を対象に、2021年8月18~19日の期間でインターネットにより実施しました。今回は、「若い頃(20、30代)と変わらない元気さに驚かされる」男性芸能人ランキングを発表します。
 

「若い頃(20、30代)と変わらない元気さに驚かされる」男性芸能人TOP3

「若い頃(20、30代)と変わらない元気さに驚かされる」男性芸能人TOP3!
「若い頃(20、30代)と変わらない元気さに驚かされる」男性芸能人TOP3!

全国の40~79歳の男女1000人が選んだ「若い頃(20、30代)と変わらない元気さに驚かされる」男性芸能ランキングで1位を獲得したのは「郷ひろみ」さんでした。次いで2位は「明石家さんま」さん、3位は「加山雄三」さんでした。
 

第3位:「加山雄三」さん(38票)

俳優、シンガーソングライターなど幅広く活躍する加山雄三さんは、今年84歳。クルーザーに乗る姿が印象的で、「若大将」のニックネームで長年親しまれていますが、80歳を過ぎた今でも「若大将」と呼ばれるに相応しい若々しさを保っています。「ガチゲーマー」で「バイオハザードシリーズが好き」「19時間ゲームをやり続けた」など、豪快でバイタリティに溢れています。
 

第2位:「明石家さんま」さん(69票)

お笑いタレントで司会や俳優もこなし、テレビで見ない日はない明石家さんまさん。容姿もさることながら全身で楽しそうに笑う姿や軽快なトークは、20、30代の頃と変わりなく、元気そのものです。テレビ番組で「生まれ変わるなら誰が良いか」という質問に対し、「俺に決まってるやないか、アホ!」と即答したさんまさん。若い見た目とは裏腹に、年の取り方に成功した人(サクセスフル・エイジング)代表としての貫録は立派です。
 

第1位:「郷ひろみ」さん(71票)

2位の明石家さんまさんと同じく、2021年で66歳を迎える郷ひろみさん。キレキレのダンスを披露しています。30年以上、ウエイトトレーニングを中心とした運動を続け、朝7時頃に起床、睡眠はだいたい8時間、習慣化したジムやスポーツマッサージなど、ストイックなまでの健康管理には頭が下がります。60歳を過ぎても20代の血管年齢を保っているそうで、パフォーマンスや容姿の若さだけでなく、体の内部も若さを保ち続けていることに驚かされます。

【おすすめ記事】
「シニア世代」が好きな芸能人ランキング! タモリを抑えた1位は?
「元気の秘訣を教えてほしい」男性芸能人! 3位「加山雄三」、2位「明石家さんま」、1位は?
大河ドラマに主演した人気タレントランキング! 3位「堺雅人」2位「松本潤」、1位は?
「元気の秘訣を教えてほしい」女性芸能人! 同率2位は「草笛光子」「吉永小百合」、1位は?

【関連リンク】
養命酒製造
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」