リクルートの「じゃらんリサーチセンター」は、全国1万5719人の宿泊旅行者を対象に「じゃらん宿泊旅行調査 2021」を実施しました。観光などを目的とした宿泊を伴う国内旅行実態(出張、帰省、修学旅行などを除く)を調べるもので、2021年で17回目。2020年度の宿泊旅行実施率は31.2%で、2005年の調査開始以来、過去最低値となりました。
 

今回はアンケート結果から、「魅力のある特産品や土産物が多かった」部門で人気となった地域のランキング上位を紹介します。調査期間は2021年4月8~22日。

 
・出典:「じゃらん宿泊旅行調査 2021」(リクルートじゃらんリサーチセンター調べ)

 

第3位:石川県

Sean Pavone / Shutterstock.com

3位は「石川県」。番傘や芝舟といった銘菓への注目度が高く、お土産としても手軽で人気です。さらに、能登は塩の生産でも知られており、観光客を喜ばせてきました。輪島塗や九谷焼といった工芸品もチェックしてみましょう。
 

第2位:青森県

Apple Kullathida / Shutterstock.com

2位は「青森県」でした。津軽塗や津軽焼、八戸焼といった工芸品は東北を代表する文化といえるでしょう。飲食物に目を向ければ、りんごフーレットやりんごジュースなど、りんごに関するものが目立ちました。そのほか、ねぶた漬も毎日の食卓にぴったりです。
 

第1位:沖縄県


そして、堂々の1位は「沖縄県」でした。ちんすこうやサーターアンダギー、紅いものタルトなど独特のお菓子が豊富。いずれも、親しい人へのお土産に向いています。琉球ガラスや久米島紬といった工芸品も高級感があり、旅の記念になるでしょう。


>10位までに全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
良い宿・ホテルがある「国内旅行先」ランキング! 1位は?
「魅力的な温泉がある」都道府県ランキング! 1位は?
観光スポットに興味がある「国内旅行先」ランキング! 1位は?
コロナが終息したら旅行したい場所ランキング! 2位「沖縄県」 1位は…