中学生がイメージする「30歳時点の年収」は平均905万円、目標貯蓄額は?

ソニー生命保険が実施した「中高生が思い描く将来についての意識調査2021」によると、30歳時点の「目標年収」は中学生が905万円、高校生が685万円でした。

ソニー生命保険は、「中高生が思い描く将来についての意識調査2021」の結果を発表しました。6月9~17日の期間、インターネット上でアンケートを実施。中学生200人、高校生800人から回答を得ました。
 

今回はその中から、中高生の「年収」や「貯蓄額」のイメージを紹介します。
 

「30歳時点の目標年収」中学生は905万円、高校生は685万円

30歳時点の「目標年収のイメージ」をもっている中学生と高校生の計608人に「30歳時点の目標年収」を聞いたところ、「500万円」(16.4%)や「600万円」(12.8%)、「1000万円」(12.0%)が上位となり、中学生の平均は905万円。高校生は685万円でした。
 

30歳時点の目標貯蓄額は、中学生が1024万円、高校生が855万円でした。

出典:プレスリリース

 

「45歳時点の目標年収」中学生は1175万円、高校生は953万円

さらに中高生の親世代の年齢を想定し、45歳時点の目標年収を聞いてみると、目標年収のイメージをもっている中高生543人の回答は「500万円」(11.8%)や「600万円」(12.2%)、「1000万円」(12.3%)、「3000万円以上」(10.1%)などに分かれ、平均は中学生1175万円、高校生953万円でした。
 

45歳時点の目標貯蓄額は「1000万円」(14.4%)や「3000万円以上」(17.8%)などに回答が分かれ、平均は中学生1352万円、高校生1274万円でした。
 

なお、同調査で行った「将来なりたい職業」に関する質問では、男子は中高生ともに「YouTuberなどの動画投稿者」。女子は中学生が「歌手・俳優・声優などの芸能人」、高校生が「公務員」「看護師」でした。
 


【おすすめ記事】
中学生が「将来なりたい職業」ランキングは「YouTuber」が上位! 男女別の1位は?
上場企業2459社の「平均年間給与」ランキング! 3位「伊藤忠商事」、2位「三菱商事」、1位は?
中高生が「将来のことを相談したい」有名人ランキング! 3位「ひろゆき」を抑えた同率1位は?
中高生が「こういう大人になりたい」と思う有名人ランキング! 3位「新垣結衣」、2位「明石家さんま」、1位は?


【関連リンク】
プレスリリース
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴