上場企業2459社の「平均年間給与」ランキング! 3位「伊藤忠商事」、2位「三菱商事」、1位は?

上場企業2459社の2020年度(2020年4月期~2021年3月期)「平均年間給与」ランキングが発表されました。全体では2012年度から上昇していた平均給与が減少に転じた中、伊藤忠商事や三菱商事を抑えて1位となった企業とは?

東京商工リサーチは7月21日、上場企業2459社の2020年度(2020年4月期~2021年3月期)の「平均年間給与」調査の結果を公表しました。調査結果によると、上場企業の平均年間給与は603万2000円で、614万円だった前年度より10万8000円減少しました。2012年度から8年連続で上昇した平均年間給与は減少に転じ、587万9000円だった中央値は2年連続で低下しました。
 

平均年間給与ランキングTOP10! 1位は「ヒューリック」

2020年度上場企業の平均年間給与ランキングTOP10
平均年間給与が最も高かったのは、不動産事業などを手掛ける「ヒューリック」。1708万1000円で、2年連続1700万円台を維持しました。2位は「三菱商事」の1678万3000円。3位は「伊藤忠商事」の1627万8000円でした。

次いで、4位「三井物産」(1482万5000円)、5位「住友商事」(1356万3000円)と、総合商社が続きました。
 

平均年間給与「1000万円以上」は39社

2020年度 上場企業の平均年間給与【金額別】
平均年間給与「1000万円以上」の企業は39社で、前年度(42社)より3社減少。平均年間給与が「600万円以上」の企業が前年度を下回り、「500万円以上600万円未満」と「500万円未満」の企業が前年度より合わせて93社増加しました。
 

産業別では4年連続「建設業」がトップ

2020年度 上場企業の平均年間給与【産業別】
産業別では、「建設業」の732万4000円が最も高く、2013年度以降8年連続で増加しています。しかし、増加額は2016年度(前年度比21万2000円増)をピークに縮小しています。次いで「不動産業」706万3000円、「電気・ガス業」689万7000円が続きました。

減少率が最も大きかったのは、「製造業」の2.4%減。コロナ禍での生産活動の停滞などが影響していることがうかがえました。

【おすすめ記事】
高い?低い?年齢別の平均給与額【2021年版】
業種別・年収ランキング!平均年収436万4000円。1位の業種はいくら?
職業別・女性の平均年収ランキング20! 年収1位は医師、2位は?
2021年夏・公務員のボーナス平均支給額はいくら?

【関連リンク】
東京商工リサーチ
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」