総務省は6月25日、2020年国勢調査の速報値を公表しました。日本の総人口は約1億2622万7000人と、前回(2015年)調査から約86万8000人減少。人口が増えたのは首都圏が中心で、東京都の2020年人口は約1406万5000人でした。
 

ここでは神奈川県で人口が増えた市区町村を紹介します。
 

 

1位は県内随一の人口増加率を誇るコンパクトシティ「開成町」

神奈川県南西部の西湘地区に位置する「足柄上郡開成町」は、あじさいの里が有名な自然豊かな地域として知られています。鉄道路線は小田急線の開成駅があり、都内への往来に便利です。同町は、子育て支援センターの設置や保育園の誘致など子育て支援に力をいれており、子育て中の世帯に住みやすい町として支持されています。
 

また、土地の利用を計画的に進めており、2021年度から新たに開成駅前周辺で土地区画整理事業を始めているなど、今後更なる発展が期待できる自治体といえそうです。
 

2位は自然環境や交通利便性に恵まれた「川崎市中原区」

川崎市のほぼ中央に位置する「川崎市中原区」は、武蔵小杉を中心に再開発によって新たな商業施設やタワーマンションが建設されました。自然に恵まれた地域でもあり、多摩川・等々力緑地・井田山などがあります。
 

主要駅である武蔵小杉駅には、JR湘南新宿ライン・横須賀線・南武線・東急東横線・目黒線・JR相鉄直通線の6路線が乗り入れており、東京都心部や横浜方面ともにアクセスが良く通勤・通学に適しています。便利な交通機関と、豊かな自然を合わせもっている点が魅力の1つでもあり、人口増加の要因といえそうです。
 

3位は自然環境と都会的で先進的な雰囲気を併せ持つ「横浜市西区」

横浜市の中央部やや東に位置する「横浜市西区」は、区の面積が横浜市18区の中で最小である一方、人口密度においては南区に続き2番目に多い地域です。多数の商業施設やオフィスのほか、区内に本社を置く上場企業が数多くあることも特徴的です。
 

主要駅である横浜駅は、鉄道会社乗り入れ数が日本一を誇っています。都内主要駅の品川駅や渋谷駅には乗車時間30分程度と、恵まれた交通環境がある点も魅力の1つ。さらに、区内には野毛山公園など緑に囲まれた環境もあります。自然を感じることができる都会的な自治体として、今後も更なる人口増加が期待できそうです。
 

>35位までの全ランキング結果を見る
 

【おすすめ記事】
【国勢調査2020】神奈川県で人口が減ったのは?3位「三浦市」、2位「真鶴町」、1位は…
【国勢調査2020】東京都で人口が増えたのは? 3位「文京区」、2位「千代田区」、1位は…
【国勢調査2020】埼玉県で人口が増えたのは?3位「八潮市」、2位「滑川町」、1位は…
神奈川県の住みここちランキング! 3位「横浜市青葉区」、2位「横浜市西区」、1位はやはり…!


【関連リンク】
令和2年国勢調査 速報集計 人口速報集計(男女別人口及び世帯総数)