JR東日本「駅別乗車人員」ランキング! 3位「横浜駅」、2位「池袋駅」、1位は?【2020年度】

JR東日本が公開した「2020年度駅別乗車人員等のデータ」によると、乗車人員が多かった駅1位は「新宿駅」、2位は「池袋駅」、3位は「横浜駅」。新型コロナの影響により、上位のほとんどの駅が前年比20~40%減少しました。

JR東日本は7月9日、「2020年度駅別乗車人員等のデータ」を公開しました。
 

利用者の現状や推移を広く知ってもらう目的で同社が毎年集計しているもので、駅別乗車人員のほかに新幹線駅別乗車人員や路線別、平均通過人員推移グラフといったデータも公開しています。本記事では、駅別乗車人員の上位ランキングを紹介します。
 

JR東日本2020年度駅別乗車人員(上位3駅抜粋)
JR東日本2020年度駅別乗車人員(上位3駅抜粋)
 

第1位:新宿駅

1位は2019年と同じく「新宿駅」です。定期乗車人員は約29万人、定期外乗車人員は約18万5000人でした。合計の乗車人員数は、前年比で38.5%減。40%近い落ち込みとなっています。
 

第2位:池袋駅

2位は「池袋」でした。こちらも、前年と同様の結果です。定期乗車人員は約24万人、定期外乗車人員は約13万7000人。前年比は32.6%減です。
 

第3位:横浜駅

3位は昨年4位だった「横浜駅」。昨年3位の「東京駅」と順位が入れ替わる形となりました。定期乗車人員は約19万5000人、定期外乗車人員は約9万5000人。前年比は30.8%減となっています。


>20位までの全ランキング結果を見る

 

2020年度は、新型コロナによる外出自粛やリモートワークといった生活様式の変化が大きく影響した結果となりました。上位10駅は緊急事態宣言区域に入ることが多かった首都圏がほとんどですが、乗車人数前年比マイナス30%以上が7駅、うち40%以上が2駅となっています。
 

2019年度のデータをみると、上位10駅の前年比(2018年度と比較)はほとんどが1%前後となっています。新型コロナのインパクトがどれほど大きかったかが、こうしたデータからも分かります。


【おすすめ記事】
JR東日本の「駅別乗車人員」ランキングに大異変! 上位だけでなく、23区内の「新駅」も…
東京23区の「人気の駅ランキング」 2位は「池袋」 、1位は?
東京都内の資産価値が「落ちにくい駅」ランキング! 2位は「上野御徒町」、1位は?
JR東日本、民営化後「初の最終赤字」の衝撃――定時株主総会で語られたこととは


【関連リンク】
JR東日本エリア内の駅別「1日平均の乗車人員」(2020年度)

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」