関東在住20代が「住まいを探すときに重視する条件」 3位「最寄駅からの徒歩分数」、2位「通勤・通学時間」、1位は?

リクルート調べによる「関東在住の20代男女が住まい選びで特に重視する条件」は、1位「家賃」、2位「通勤・通学時間」、3位「最寄駅からの徒歩分数」でした。特に家賃は全体で8割が重要と回答。そのほか、女性は「セキュリティ」を重視する傾向も。

リクルートは不動産・住宅サイト「SUUMO」で、「住まいや暮らしに関するアンケート調査」を実施。「関東在住20代社会人シングル男女の一人暮らしデータ2021」として公開しました。
 

住まいや暮らしに関するさまざまなテーマについて聞いた本調査結果からは、家賃や設備、周辺環境から回答者の年収まで、関東地方1都6県に住む20代男女の「賃貸生活のリアル」が垣間見れます。
 

今回は「家を探すときに重視する条件」を中心に紹介します。調査期間は2月22〜24日。有効回答者数は206人。

「住まいを探すとき特に重視する条件」(複数回答可)
「住まいを探すとき特に重視する条件」(複数回答可)

第1位:家賃

「住まい探しで特に重視するもの」を複数回答式で尋ねたところ、全体でもっとも多かったのは「家賃」でした。男女別で見てもダントツの結果で、8割以上が重視しています。部屋探しにおいて、生活費の大部分を占める家賃から絞るというのは定番のようです。
 

第2位:通勤・通学時間

2位は「通勤・通学時間」でした。生活の基盤となる仕事や学業と住まい選びは密接な関係があることがアンケートからも分かります。電車(通勤車)に乗っている間だけではなく、自宅の玄関から出発してオフィス(または学校)の自分の席に着くまでが実際の「所要時間」でもあることから、重要視している人は多そうです。
 

第3位:最寄駅からの徒歩分数

3位は「最寄駅からの徒歩分数」でした。特に首都圏に住んでいる人にとって、生活全般で利用する最寄駅から自宅までの距離は、住まい選びでも重要なポイントとなるようです。通勤・通学だけでなく、休日に出かけるときも最寄駅が近いのはなにかと便利です。
 

そのほか、男女別で見ると女性は「セキュリティ」や「設備・仕様」を重要視することや、どの項目も女性の回答数が多いなか、唯一「駐車場の有無」で男性のほうが票が多かったことなどがわかります。


【おすすめ記事】
埼玉県が大躍進! 2021年のSUUMO「住みたい街ランキング」1位は?
首都圏の「住みたい沿線」ランキング! 3位「東急東横線」、2位「JR京浜東北線」、1位は?
不動産のプロが選ぶ「ペット可物件おすすめ条件」ランキング! 犬の1位は「動物病院が近い」、猫は?
ママが選ぶ「住みたい東京23区ランキング」3位は江戸川区、1位は?


【関連リンク】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化