アットホームは4月28日、「不動産のプロが選ぶ!『ペット可物件でおすすめの住まいの条件』ランキング」を発表しました。「ペット可物件を探している顧客の接客を担当したことがある」全国のアットホーム加盟店、「犬」は953店、「猫」は843店を対象に、2021年4月7~13日の期間で、インターネットにより実施。

数々の物件を知り、顧客の要望を聞いてきた不動産のプロが選ぶ、おすすめのペット可物件の条件とは? 引越しを考えている、犬と猫の飼い主さんは必見です!
 

犬の飼い主におすすめのペット可物件の条件1位は「動物病院が近い」

犬の飼い主におすすめのペット可物件は、周辺の環境もポイント

犬を飼っていてペット可物件を探している人におすすめの住まいの条件の1位は「動物病院が近い」(31.6%)でした。2位は僅差で「犬が入れる公園が近くにある」。「安全な散歩ルートがある」も6位にランクインしているように、犬が入れる公園や散歩ルートなど、周辺の施設や環境をしっかりと確認することも大きなポイントのようです。

ランク外の「その他」の回答には、「防音がしっかりしている」「音が伝わりにくい構造・建材」など、防音に関する回答や「消臭効果のある壁材」「消臭効果のあるエレベーターが備わっている」など、臭いに関する回答が見られました。
 

猫のペット可物件は、猫の習性に適した住環境を

猫の飼い主におすすめのペット可物件は、猫の爪研ぎ習性を考慮

猫を飼っていてペット可物件を探している人におすすめの住まいの条件の1位は「傷が付きにくい壁材が備わっている」(38.0%)。「足に優しい、爪が引っかかりにくい床材」が2位にランクインするなど、爪を研ぐ習性がある猫ならではのチェックポイントが上位に挙がりました。ランク外の「その他」の中には、「キャットステップやキャットウォークがある」という回答もありました。
 

珍回答も! 不動産のプロが出会ったペット可物件エピソード

「猫と犬を飼っているとのことでしたが、実はタヌキだった」(神奈川県)、「管理している物件で「ペットを飼いたい。小さな犬です」と相談を持ちかけられたが、よくよく聞いたら「ゴールデンレトリバーの子犬」だった」(神奈川県)、「ペットの体重制限(10㎏まで)がある物件をご紹介する際、お客さまが飼っているペットがギリギリの体重だったため、これ以上太らないようにしていただいたことがある」(東京都)など驚きの珍体験エピソードも。

また、「ペットを通じて入居者同士が仲良くなることが多い(東京都)」、「「知らない街に引っ越してきましたが、毎日、犬の散歩で知り合いが増えてよかったです」という声をいただいた」(千葉県)など、ペット可物件ならではのエピソードもありました。

【おすすめ記事】
日本で最も多く飼育されている犬種、第3位「柴犬」第2位「チワワ」第1位は…
飼ってみたい憧れの犬種1位は?
愛犬の”好きなにおい”の部位ランキング! 第1位は王道の「肉球」ではなく……?
猫の生涯飼育費用はいくら? 1か月あたりの費用も調査結果から紹介
日本で最も多く飼育されている猫、第2位「スコティッシュフォールド」第1位は…

【関連リンク】
アットホーム