カルディの冷凍パン(筆者撮影)

カルディーコーヒーファーム(以下、カルディ)は、珍しい食品やおいしい食べ物がたくさんあって、何かと話題を振りまいてくれる人気のお店です。冷凍食品も評価が高く、例えば冷凍スイーツがSNSで話題になることも少なくありません。
 

今回筆者が注目したいのは、冷凍パン。冷凍保存することによって長期的な保管が可能になり、食べたい時に食べられるメリットも出てきますよね。カルディ大好きの筆者がおすすめする、3つの冷凍パンを紹介します。

 

とろりとしたチーズが出てくる「カルツォーネ チーズ」

カルツォーネ チーズ(筆者撮影)

カルツォーネは、ピザと同じような材料から作られていますが、三日月形に折りたたんであるのが特徴です。ピザは生地の上に具材が乗っていますが、カルツォーネは包み込むイメージです。
 
レンジで簡単解凍(筆者撮影)

カルディのカルツォーネを解凍するには、電子レンジかトースターを使います。電子レンジを使う場合には、冷凍のまま袋から出して1分から1分間半ほど加熱します。トースターの場合は冷蔵庫で3〜5時間ほど自然解凍して、その後トースターで3〜5分加熱します。
 
チーズがとろり(筆者撮影)


半分に切ってみると、とろりとしたチーズが見えました。具材を包んでいる生地は薄めなので食べやすく、一方で周りの部分は生地が厚いのでもちもちした感じがします。
 

カルディで販売されている冷凍カルツォーネは、他にトマト&ベーコンもありますよ。いずれも199円(税込)です。

 

もちもち感がすごい!「ニューヨークベーグル プレーン」

ニューヨークベーグル(筆者撮影)

ベーグルは、生地がギュッと詰まっているのが特徴のパンです。具材を挟んで、サンドイッチのようにして食べると美味しいですよね。カルディのベーグルは、自然解凍か電子レンジで温めることになります。自然解凍するには、2〜3時間かかります。
 
ラップで包んで加熱(筆者撮影)

筆者は、ベーグルをラップで包み電子レンジで30秒ぐらい加熱して、オーブンで焼きました。
つやつやのベーグル(筆者撮影)

そうすることで、つやつやで中はモチモチのベーグルができました。
 
ギュッとした生地(筆者撮影)

生地は、しっかりと詰まっています。
クリームチーズときゅうりなどの野菜をサンド(筆者撮影)

そのまま食べても歯ごたえがあって美味しいのですが、筆者はクリームチーズときゅうりなどをサンドしてみました。まるまる1個食べてみたのですが、かなりお腹がいっぱいに。具材によってボリュームが変わるので、食べ盛りの子どもであれば肉類をサンドしてもいいかもしれませんね。1個198円(税込)です。
 

カレーにぴったりの「ナン」

冷凍のナン(筆者撮影)

カレーを食べるときにご飯を合わせるか、それともナンを合わせるのかで悩む人もいるかもしれませんね。どちらも捨て難く、難しい選択です。カルディにも冷凍されたナンが販売されていて、簡単に解凍ができること、そして、モチモチ感が高評価のようです。
 
レンチン可能(筆者撮影)

解凍は、電子レンジで1〜1分30秒程度でできます。筆者は、1分程度加熱してみました。

パンは電子レンジで加熱するパサパサになることもありますが、カルディの冷凍ナンは解凍してもモチモチ感が残っていました。
 
バターチキンカレーと(筆者撮影)

今回は、カルディで買ったバターチキンカレーを合わせてみました。お値段は、342円(税込)。ご飯と合わせるのとはまた違うおいしさが、ナンにはありますよね。
 
大きめサイズ(筆者撮影)


見た目のサイズは1人では食べ切れないと思うほどの大きさなのですが、カレーと合わせると、あっという間になくなってしまいます。ナンは1枚当たり188円(税込)でした。ナンはお店によっては200~300円することもあるので、コスパの面でも非常に良いのがカルディの冷凍ナンです。
 

冷凍食品は使いたい時に使えて、しかも調理の手間が省けることも多いので、活用する人もたくさんいますよね。カルディのパンは、味だけではなくそのモチモチ感が特徴です。モチモチ感が好きな人は、ぜひカルディの冷凍パンをお試しください。


【おすすめ記事】
カルディで品切れ続きの「ブッラータ」ついに実食! トロリと出てくるチーズがたまらない!
SNSでも話題! カルディで品切れ続く「マリトッツォ」 その味は?
「マリトッツォ」に続き、じわじわキテる? カルディの「カヌレ」が予想以上の美味しさだった!
カルディで発見! まるで餅のような皮の「モスクワ大福」は食べ応えに大満足