カルディで品切れ続きの「ブッラータ」ついに実食! トロリと出てくるチーズがたまらない!

カルディでも販売している「ブッラータ」。あまりの人気ぶりに、お店でも品切れ、オンラインでも在庫なしとなっていたのですが、ようやく見つけました。筆者が店舗で手に取ったのは最後の1個。待ちに待った実食の時が近づいています!

コロンとしたブッラータ(筆者撮影)

カルディでも販売している「ブッラータ」。あまりの人気ぶりに、お店でも品切れ、オンラインでも在庫なしとなっていたのですが、ようやく見つけました。筆者が店舗で手に取ったのは最後の1個。入手困難の人気商品をついに実食してみました!
 

ブッラータとは?

種類は「ナチュラルチーズ」(筆者撮影)


「ブッラータ」は、モッツァレラでできた袋の中に、生クリームと細かくしたモッツァレラを入れたものです。種類としてはチーズに分類されていて、冷凍で販売されています。冷蔵庫で半日〜1日程度で解凍できます。
 

液体の中に入っている

解凍すると液体の中に入っている(筆者撮影)


解凍してみると、液体の中にモッツァレラの白いボールのようなものがありました。大きさは野球のボールよりは小さく、卓球のボールよりは大きい程度。手のひらに乗せられるサイズです。
 

外側は弾力あり(筆者撮影)


液体から取り出してお皿に置いてみました。触ってみると……弾力があって柔らかいです。通常のチーズのような硬さはありません。この中に生クリームと細かくしたモッツァレラが入っています。
 

モッツァレラの袋を切ってみる

袋を切ってみる(筆者撮影)


外側のモッツァレラの袋は、ナイフや包丁で切ります。そうすると中からトロッとしたものが出てきます。
 

中からトロリと出てくる(筆者撮影)

これが生クリームと細かくしたモッツァレラ。見た目は白くてクリームチーズのようだなと感じました。
 

モッツァレラチーズ、そのものの味

サラダにトッピング(筆写撮影)


特別味付けがされていないので、そのまま食べるとモッツァレラチーズの味です。チーズ好きにはたまらない味かもしれませんね。味をつけるのであればサラダにしてドレッシングをかけたり、あるいは塩胡椒でシンプルに食べたりするのがいいのではないかと感じました。

筆者は、まずはサラダに。トロッとしているので、野菜によく絡みます。
 

ウインナーに絡めてみる

ウインナーに絡めてみる(筆写撮影)


ちょうどウインナーを焼いたので、フライパンごとテーブルに。そこにブッラータを入れてみました。
 

ブッラータが溶けて伸びる(筆写撮影)

フライパンが熱いのでブッラータも溶けて、ピザのチーズのように伸びました。もしかしたらピザに使っても良かったのかもしれませんが、あまりの美味しさにこの時点で完食……。

カルディで買えるブッラータは、125gで656円(税込)。通常のチーズよりも値段は高いのですが、いつもとは違ったチーズを試してみるという、ちょっとした冒険と考えると安いかもしれませんね。店頭で見つけたら、ぜひチャレンジしてみてください。

オンラインでも買えますが、冷凍配達なのでクール便の送料が加算されます。そのため送料が高くなる点には注意をしておきましょう。


【おすすめ記事】

SNSでも話題! カルディで品切れ続く「マリトッツォ」 その味は?

ようやくゲットしたカルディのレア商品「カズチー」。早速食べてみた

どうして注目しない!? カルディでコスパがいいのはバッグという事実

カルディでも人気!世にもおいしいチョコブラウニーの濃厚さがすごい

カルディの人気商品「カズチー」がお菓子に! 今度はどんな味?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応