アジャイルウェアは、テレワークをしている20〜40代のビジネスマン300名を対象に「テレワークと業務報告等に関する調査」を実施。テレワークにおいて「ウソの報告をしたことがあるか」「自分は正当に評価されていると思うか」などの質問を訪ねたところ、以下の結果になりました。
 

3割以上がテレワークでウソを報告

テレワークで嘘の報告をしたことがあるか
テレワークでウソの報告をしたことがあるか?の結果

テレワークでウソの報告をしたことがあるか尋ねたところ、「よくある」と「たまにある」が合わせて34.3%と、3割以上がウソの報告をしたことがあることがわかりました。
 

「実際より作業に多く時間がかかったフリ」「業務時間を長めに報告」

ウソの報告具体的経験
どんなウソの報告の経験があるのか

そんなウソの報告をしたか聞いたところ、「実際より作業に多く時間がかかったフリをした」という内容が65.1%で最も多い結果に。

ウソの報告をする理由としては、「やる事が早く終わってしまったので、終業時間まで自由時間を過ごし、終業時間が過ぎてから退勤の連絡をした」「早めに報告すると、余裕だと思われて作業が増えるため、業務時間を長めに報告する」などがあげられました。

その他にも、「仕事が増えても給料変わらない」「タスクを振られたくない」「昼寝しすぎた」などが複数集まる結果に。
 

「見えない部分が評価されない」半数近くが正当な評価の実感なし

テレワークでの評価に対する不安
テレワークでの評価に対する不安

テレワークで自分の働きぶりを上司が把握してくれているか不安に思うか聞いたところ、「とても不安」と「やや不安」が合わせて47.7%と、約半数が働きぶりをきちんと見てもらえているか不安を抱えていることが判明。

具体的には「テレワークだと見えない部分の評価がされない」「記録に残らない仕事を評価してくれているのか不安」「プロセスが評価されにくいのではないかと感じる」などの声が挙がりました。

また、テレワークで自分は正当に評価されていると思うかという質問には、「全く思わない」と「あまり思わない」が合わせて45.8%。半数近くがテレワークで正当に評価されている実感がないことがわかりました。

今後、ビジネスマンが安心してテレワークに取り組むには、業務の見える化や評価基準を明確にすることがポイントになりそうです。

【おすすめ記事】
「テレワークをやめたい」20代が最多で67.4%! やめたい理由1位、管理職が失ったもの1位は?
テレワークは週2日より毎日のほうが生産性UP? テレワークと生産性の関係には頻度が最も影響するとのアンケート結果
「テレワーク手当」支給企業は2割弱……電気・ガス代値上げの中、家計への影響は?
テレワーク中の出社理由、2位は「来社対応」1位は?

【関連リンク】
プレスリリース