20代の女性に聞いた!「父親と生理について話したことがある」人は何割? 娘が父親に思う、生理に対する本音とは?

ルナルナでは、20代のユーザーを対象に父と娘の生理に関する意識調査を実施。20代女性たちが異性である父親に対する本音をお届けしますので、お父さんたちも是非ご覧下さい!

ルナルナでは、20代のユーザーを対象に父と娘の生理に関する意識調査を実施。女性特有の症状に対する父親とのコミュニケーションや父親の理解度などを娘の視点から調査しました。

なかなか人に話す機会がない生理周りの事情に対して、20代女性たちの本音が明らかとなりました。
 

「父親と生理について話したことがある」と回答したのは約2割

生理や生理に伴う心身の不調などについて父親と話した事はありますか?
父親と生理や生理に伴う不調について話したことがあるかという質問に対して「ある」と答えた人が21.1%、「ない」と答えた人が 79.0%という結果に。

続けて話したきっかけについて聞いたところ、最も多かったのが「自分の不調を理解してほしかったため(72.1%)」。7割以上の人が、不調に対する理解を父親に求めていました。

他にも「初潮が来たため(24.9%)」「自分の経験を親に伝えたかったため(12.7%)」という意見が寄せられました。
 

父親に話したことで「生理の際に家庭内で気を使わなくて良くなった」という意見が多数!

父親と生理について話したことのあるユーザーに話してよかった点についても質問してみました。その結果、「生理の際に家庭内で気を使わなくて良くなった(51.4%)」という回答が最も多く挙がりました。

父と娘で生理の話を気軽にできるようになることで、父親との関係が良好になったと感じる人が多いようです。
 

生理について「父親とは話すべきではない」という意見も……

父親との生理に関する会話が「ない」と答えた人の半数は「父親とは話すべきではない事だと思うから(43.9%)」と回答。

他には「話すきっかけ・タイミングがなかった(38.8%)」という意見や、「母親からの知識だけで十分だった(37.8%)」という意見も目立ちました。そもそも父親に話すべき内容ではないと思っている人が多いということが分かります。

また、生理や生理に伴う心身の不調などについて学んで欲しいかという質問をしてみたところ、44.7%の人が「思う」ということでした。父親に対し、不調である生理中にもっと気を遣って欲しいと思う人が多数見受けられました。

【おすすめ記事】
Z世代女性「生理」についての本音調査!「お金がかかる」などの声も
女性にとって生理は当たり前。恥ずかしさや不安を抱える子どもに母親ができること
生理、PMS、妊娠のこと。親子で話してる? 母と娘、それぞれに調査
生理は「個性」なの? ある重度の“PMDD”を抱える女性の率直な思い

【関連リンク】
プレスリリース
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」