コロナ禍でも新卒社員が育つ会社は? 2021年度「全国統一新入社員WEBテスト」ランキングTOP10発表!

2021年度入社の新入社員対象の「全国統一 新入社員WEBテスト」。第2回目となるWEBテストが2021年5月に実施され、エントリー企業67社の中から「“新卒社員が育つ会社”ベストカンパニー」ランキングTOP10が発表されました!

2021年度入社の新入社員を対象に、ビジネスマナーや生産性向上、コンプライアンスなど、ビジネスに必要な基礎知識がインプットされているかを測る「全国統一 新入社員WEBテスト」。第2回目となるWEBテストが2021年5月に実施され、FCEトレーニング・カンパニーは6月16日、エントリー企業67社の中から「“新卒社員が育つ会社”ベストカンパニー」ランキングTOP10を発表しました。
 

2021年度『全国統一新入社員WEBテスト』ランキングTOP5!

2021年度『全国統一新入社員WEBテスト』ランキングTOP5

受験者のWEBテストの平均点をランキング化し、エントリー全65社の中からTOP10を表彰します。

「全国統一 新入社員WEBテスト」は、2021年度の新卒社員を対象とし、ビジネスに必要な考え方や基礎知識についての習得度、理解度を測ることを目的としたもの。受験者は、事前学習として定額制オンライントレーニングシステム「Smart Boarding」の新人向けeラーニングコース全6種類54講座を無料で受講したうえで、テストに臨みます。
 

コロナ禍で難題となる新卒の育成……「全国統一新入社員WEBテスト」とは?

『全国統一新入社員WEBテスト』問題例
WEBテストは、「ビジネスマナー」「社会人としての心構え」「ソーシャルメディアリスク」「生産性の高い仕事の進め方」「コミュニケーション」など、5つの分野から出題されています。
  本来であれば4月、5月は、新入社員は会社に出社し、研修や社内コミュニケーションを通じて多くの仕事を学び、吸収する時期。しかし、リモートワークやオンラインでのコミュニケーションが増えた現在、それらが叶わない状況になっています。そうした状況下で新入社員をどのように育成していけばいいのか、今までと同様の育成効果を得るにはどのような方法がよいのか……という悩みを抱える企業も増えてきました。

「全国統一新入社員WEBテスト」は、リモートワークやオンラインでも今まで以上の新入社員の育成の機会を提供するため企画・開催されたもの。eラーニングの学習コンテンツは多数あるものの、オンラインでの学びはどうしても受け身になってしまう点が課題。エントリーした企業の新入社員全員が一斉にテストを受け、「企業ごとの平均点を算出」「参加企業のトップ10を発表」する、学びをアウトプットする場を作ることで能動的な学びに変えることを狙いとしています。「全国統一新入社員WEBテスト」は、2022年度の開催もすでに決定されているようです。

【おすすめ記事】
就職したい企業・業種ランキング! Googleや国家公務員を抑えた3年連続1位は?
「年収400万円台の職業」ランキング!3位「医療系専門職」、2位「営業職」、1位は?
大学院卒生社員に感じる「強みやポテンシャル」! 2位は「データ分析力」、1位は?
派遣社員として働くメリットランキング!2位「辞めやすい」を超えた1位は?

【関連リンク】
FCEトレーニング・カンパニー
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も