レモンの上品なすっぱさが最高! シャトレーゼの瀬戸内レモンでゴリ押ししたい5つのスイーツ

ケーキやアイスクリーム、和菓子などスイーツを手がけるシャトレーゼから、おひさまをたっぷり浴びた瀬戸内レモンを使ったスイーツが登場しています。今年はレモンを使ったスイーツがたくさんお目見えしている中で、シャトレーゼが自信を持って送り出したこのシリーズ。その中で特にオススメの5つを紹介していきます。

シャトレーゼの瀬戸内レモンシリーズ(筆者撮影)

ケーキやアイスクリーム、和菓子など多くのスイーツを手がけるシャトレーゼから、おひさまをたっぷり浴びた瀬戸内レモンを使ったスイーツが登場しています。2021年はレモンを使ったスイーツがたくさんお目見えしている中で、シャトレーゼが自信を持って送り出したこのシリーズ。その中で特にオススメの5つを紹介していきます。

 

1. 瀬戸内レモンと紅茶のトルテ

瀬戸内レモンと紅茶のトルテ(筆者撮影)

スポンジに紅茶が使われているため、手に取ると紅茶の香りが漂ってきます。ひと口食べてみると、レモンの酸味が口の中に広がりました。
 
横から見ると(筆者撮影)
 
断面(筆者撮影)

クリームがしつこくなく、口の中でスッと溶けていく印象でした。全体的に甘みが抑えられて、上品なレモンの香りが引き立つケーキです。値段は378円(税込)です。
 

2. 瀬戸内レモン牛乳寒天

瀬戸内レモン牛乳寒天(筆者撮影)

程良い甘さの牛乳寒天の上に、甘酸っぱいレモンのソースがかかっています。
 
瀬戸内レモンのソースがかかっている(筆者撮影)​​​​​

牛乳寒天は、寒天を使っているの?と疑うくらいの弾力があり、まるでパンナコッタのような食感でした。
 

牛乳寒天は弾力がある(筆者撮影)

全体的に甘みが抑えられていますが、レモンの酸味が加わって非常に食べやすいと思いました。1個129円(税込)です。
 

3. フリアンショコラサンドパイ 塩レモン

フリアンショコラサンドパイ 塩レモン(筆者撮影)

外側はアーモンドパウダーと米粉を使ったフリアン生地で、クッキーやビスケットのように硬くはないのですが、サクサクとした食感です。
 
サクサク食感のフリアン生地(筆者撮影)

ホワイトチョコでコーティングされたパイ生地と、塩レモンのソースがフリアン生地にサンドされています。

サンドされたパイ生地もサクサク(筆者撮影)

食べてみると、パイ生地がサクサクした食感で非常に歯ごたえが良いと思いました。レモンの風味はそれほど強くないのですが、あまり主張しないところがこのお菓子のポイントかもしれません。1個129円(税込)です。塩レモンのほかに抹茶、キャラメルショコ、ラズベリーショコラが入ったセットもあります。
 

4. 瀬戸内レモンのマドレーヌ

瀬戸内レモンのマドレーヌ(筆者撮影)

マドレーヌの中に、レモンピールの砂糖漬けやレモンの皮が入っています。そのためレモンの風味だけではなく、皮のちょっとした苦味まで感じることができます。
 
レモンの皮が入っている(筆者撮影)

マドレーヌ自体は、ふわっとした柔らかい食感。瀬戸内レモンのマドレーヌのほかに、丹波黒豆マドレーヌ、無添加ママン・マドレーヌの3種が入ったセットも販売されています。マドレーヌは、1個108円(税込)です。
 

5. アルフォンソマンゴーと瀬戸内レモンブッセ

アルフォンソマンゴーと瀬戸内レモンブッセ(筆者撮影)

アルフォンソマンゴーと瀬戸内レモンのジャムがサンドされたブッセです。
 
形はまんまる(筆者撮影)

1口食べてみると、最初に来るのはマンゴーの香りと味でした。その後で、控えめながらレモンの風味がふわっと口の中に広がります。マンゴーの甘みとレモンの酸っぱさのバランスが良く、上品な甘さに仕上がっているお菓子です。

ジャムがたっぷりサンドされている(筆者撮影)

ブッセの生地は、非常に柔らかくてふっくらしています。食感が軽いので、あっという間に食べてしまうスイーツの1つではないでしょうか。1個108円(税込)です。
 

シャトレーゼの瀬戸内レモンのシリーズは、レモンの酸味だけではなく、しっかりとした上品な甘さを感じられるスイーツです。6月17日までの販売になっていいるので、気になる方は早めにお店に行ってみてください。


【おすすめ記事】
シャトレーゼで買える「YATSUDOKI」の焼き立てスイーツ。アップルパイともちパイを実食!
モチモチの弾力がたまらない! サンクゼールの「ジュレを包んだもちもち」は冷凍して食べると美味しい
「マリトッツォ」に続き、じわじわキテる? カルディの「カヌレ」が予想以上の美味しさだった!
リピ買い続出!カルディの塩レモンパスタソースが超優秀

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在