「生き方の参考」は父親よりもインフルエンサー!? Z世代の職業・将来観の調査結果が新時代すぎる!

Z総研は、全国12~25歳の若者237名を対象に、職業に関するアンケートを実施しました。その結果、Z世代と呼ばれる若者が生き方の参考にしているのは、「母親」に次いで「インフルエンサー」が多いことが明らかになりました。

Z総研は、全国12~25歳の若者237名を対象に、職業に関するアンケートを実施しました。調査は5月11~18日の期間にインターネット上で行われ、その結果、Z世代と呼ばれる若者が生き方の参考にしているのは、「母親」に次いで「インフルエンサー」が多いことが明らかになりました。

 

将来やりたいことが決まっているZ世代は約8割!

Z世代へのアンケート(12〜15歳58名、16〜18歳140名、19〜22歳36名、23歳〜25歳3名、計237名)
Z世代へのアンケート(12〜15歳58名、16〜18歳140名、19〜22歳36名、23歳〜25歳3名、計237名)

 

「将来やりたいこと、なりたい職業が決まっているか」について尋ねたところ、「決まっている」「なんとなく決まっている」との回答が合わせて78%と、半数を大きく上回るZ世代が将来の夢を持っていることがわかりました。

 

「母が看護師なので、もともと医療系には関心があって、小さな頃から憧れは持っていました。血が苦手で、看護師になることに迷っていた時期に、実際に祖母がお世話になったリハビリに携わる方の働き方をみて、自分もその仕事に就きたいという夢に繋がりました」とのコメントが寄せられています。

 

生き方の参考にしている人1位は「母」、2位は「インフルエンサー」!

Z世代が生き方の参考にしている人物
Z世代が生き方の参考にしている人物

 

「誰の生き方を参考にしているか」を尋ねたところ、最も多かった回答は「母」で36.7%。次いで「インフルエンサー」が15.6%と、「父」の5.1%を大きく上回る結果に。

 

インフルエンサーについて、「自分の考えをしっかり持っていて、やりたいことをやり抜く強さに憧れます。実際に自分の意見をしっかり伝えられるように変わろうと思うきっかけももらいましたし、情報発信にも興味を持ち、あるコスメブランドのアンバサダーにもなることができました」とのことでした。

 

Z世代はインフルエンサーを職業だと認識!

Z世代のインフルエンサーへの眼差し
Z世代のインフルエンサーへの眼差し

 

「インフルエンサーは職業だと思うか」について尋ねると、「YouTuber」に関しては97.2%が「職業だと思う」と回答。次いで、「ライバー」が56.5%、「Instagramer」が54.4%と半数以上のZ世代が「職業だと思う」と回答しました

 

反対に、「ツイッタラー」と「TikToker」では「職業だと思わない」割合のほうが高く、SNSによって認識に違いがあることがわかりました。

 

具体的には、「YouTubeは投稿した動画のほとんどが収益に関係し、実際にYouTuberの方は撮影から編集まで自分でやっている方がほとんどなので、一番仕事してる感があるSNSだと思います。ライバーは投げ銭機能があって、結構お金をもらっているイメージがあるので職業だと思います。TwitterやInstagram、TikTokは普段の投稿自体には収益が発生しないと思うので、職業のイメージがあまりないですね。#PRで投稿しているものはお金が発生しているとは思うのですが。」とのコメントが寄せられました。

 

収益が目に見えるSNSで活動しているインフルエンサーは、職業としての認識が定着し、Z世代の生き方の参考になっているようです。

 
【おすすめ記事】
Z世代がなりたい職業1位は「インフルエンサー」! 憧れの人は「ふくれな」
10代女性、3人に1人はTwitterとInstagramを3アカウント以上所有している!
若者に信頼されているインフルエンサーランキング! 2位は「ひろゆき」、1位はやっぱり……?
高校生が選ぶ、これから流行りそうな「食べもの」「飲みもの」! 2位は「飲むチーズケーキ」、1位は萌え断の……?
「中学受験」に読書はやっぱり有利? 難関中学に合格した子たちはこんな本&漫画を読んでいた!

 

【関連リンク】
Z総研
PR TIMES
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応