若者に信頼されているインフルエンサーランキング! 2位は「ひろゆき」、1位はやっぱり……?

LINEリサーチは、若者の最新流行調査「インフルエンサー編」のランキングTOP10を発表しました。全国の15~24歳の男女4732人が選んだ「いちばん信頼している/参考にしているインフルエンサー・有名人」の中で、見事1位を獲得したのは……⁉

LINEリサーチは5月17日、若者の最新流行調査「インフルエンサー編」ランキングを発表しました。全国15~24歳の男女4732人に「いちばん信頼している/参考にしているインフルエンサー・有名人」を自由記述形式で回答してもらうため、 若年層の回答がそのまま反映されたリアルなランキングです。同調査は、2021年3月1~3日の期間でスマートフォンWeb調査により実施しました。
 

いちばん信頼している/参考にしているインフルエンサー・有名人TOP3!

いちばん信頼している/参考にしているインフルエンサー・有名人TOP3!(出典:LINEリサーチ)

「いちばん信頼している/参考にしているインフルエンサー・有名人」の総合1位を獲得したのは、「HIKAKIN」。YouTubeのチャンネル登録者数が900万人超えを達成、テレビなどのメディア露出も増え、知名度は全国レベル。誰が見ても楽しめるように工夫された、視聴者を飽きさせない動画が人気のようです。

2位は「ひろゆき」。「2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)」の開設や「ニコニコ動画」などを手掛けた実業家であり、プログラマーやYouTuberなどとして幅広く活躍しています。レギュラー出演も多く、2ちゃんねるを知らない若者からも支持を集めているようです。

3位に同率ランクインしたのは、「渡辺直美」と「松本人志」。インスタグラムのフォロワー数が950万人を超える「渡辺直美」は、お笑いにとどまらず、ファッションブランドのプロデューサーなどマルチに活躍。「松本人志」は、誰もが知るお笑い界のレジェンド。Twitterのフォロワー数も多く、情報番組でのコメントやTwitterなどの格言に反響が集まっているようです。
 

「HIKAKIN」が男性ランキング制覇! 女性は年齢層で違いが

男女年齢区分別ランキング:男性部門(出典:LINEリサーチ)

男女、年齢別のランキングでは、男性はすべての年齢層において「HIKAKIN」と「ひろゆき」がTOP2を飾りました。15~18歳、19~22歳の3位は「松本人志」がランクイン。男性15~18歳のランキングのほとんどはYouTuberが占めており、どの年齢層においてもゲーム実況系YouTuber「キヨ。」「瀬戸弘司」「加藤純一」が入っているのが特徴的です。

男女年齢区分別ランキング:女性部門(出典:LINEリサーチ)

女性は年齢層で全く異なるランキング結果となっています。女性15~18歳は、「現役の女子大学生が教える”バレないスクールメイク”」などが人気の美容系YouTuber「nanakoななこ」が1位。19~22歳の1位は昨年末にグループでの活動を休止した「嵐」。23~24歳ではフリーアナウンサーで最近は女優としての活躍も目立つ「田中みな実」が1位を獲得。

2位以降のランキングは、女性15~18歳では、「嵐」「SixTONES」「BTS/防弾少年団」「Snow Man」など多くの男性アイドル、マルチにインフルエンサーとして活躍する「なえなの」や「中町綾」、美容系YouTuberがランクインしています。女性19~22歳では、美容系YouTuberの「nanakoななこ」「ふくれな」「コスメヲタちゃんねるサラ」「水越みさと」などがランキングの大半を占め、女性23~24歳では、アイドル活動を経てタレントや実業家になった「ゆうこす」や「指原莉乃」、ファッションライバー「牛江桃子/ももち」、ファッションモデルの「藤田ニコル/にこるん」がラインクインしています。

【おすすめ記事】
ハリウッドで実写化してほしいアニメ・漫画ランキング! 圧倒的1位とは…?
1万円札になって欲しい有名人ランキング! 2位の「福沢諭吉」を抑えた1位とは?
「子どもがなりたい職業」にもコロナ影響!? 1位はYouTuberではなく…
子どもが将来なりたい職業「YouTuber」、就かせたくない親が知るべき意外な教育効果

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない