デスクワークのイライラを解消!(筆者撮影)

デスクワークをしている中では、ちょっとしたイライラもあります。日々の小さなイライラでも、積み重なると大きなストレスになることもありますよね。イライラを大きくしないためのアイテムが、ダイソーにありました。デスクワーク歴17年の筆者が使う4つのアイテムを紹介します。
 

1. ティッシュを壁に付けられる壁ピタティッシュ

机の下にも付けられる(筆者撮影)

パソコンを置いて仕事をしていると、机のスペースがどうしても狭くなります。パソコンのほかに書類や文房具、飲み物も置きたいですし、何かと使うティッシュも必要になってきます。筆者の経験上、ティッシュは思いのほか場所をとるんですよね。そこでティッシュを机の脚に付けてしまいました。そのときに使ったのが「壁ピタティッシュ」です。

使い方も書かれている(筆者撮影)

テープのようなものが付いていて、壁などに付けられます。デスクワークの場合には、机の脚に付けることで必要なときにすぐ取れるし、何より邪魔になりません。350gまでの重さに対応しています。

1つ難点をいうならば取り付け可能ボックスのサイズは112mmから120mmなので、使えるのはボックス型のティッシュということでしょうか。箱を使わないでビニールに入っているティッシュはサイズが合いませんでした。
 

2. 2台同時充電ができるACアダプタ

2台同時に充電可能(筆者撮影)

スマホの充電をしながらパソコンを使っていることが多いのですが、家族が家にいる休日などは、充電器の奪い合いです。筆者は4人家族でそれぞれがスマホを持ち、他にコンパクトな加湿器や空気清浄機も稼働しています。それらも充電式なので、ACアダプタが足りなくなってしまうのです。

差込口は2つ(筆者撮影)

実は他にも問題があって、充電器を差し込むコンセントも足りないんですよね。そんなときに役立つのが差し込み口が2つある充電器です。2台同時に充電ができますし、「差し込むコンセントがないんだけど!?」という大きな問題も解消されます。

コンパクトになる(筆者撮影)

またコンセントに差し込む部分が内側に入るので、コンパクトになります。値段は300円(税抜)です。
 

3. 手首の疲れを緩和!? リストレスト(フェイクレザー)

手首の疲れを緩和(筆者撮影)

パソコンのキーボードを使うと、手首がやたらと疲れます。17年以上キーボードを打ち続けている筆者は、一時手首に鈍痛があり、キーを打つのをストップしたこともありました。思うように仕事が進まないイライラ、手首の痛みに対するイライラ、本当に嫌になりました。

少しでも手首の負担を軽減したくて使っているのが、リストレストです。キーを打つときには手首が少し上がる状態になるので、力が入っているのだと思います。だから疲れてしまう。でもリストレストは高さがあって手首が自然に曲がります。

パッケージ(筆者撮影)

1つだけ難点を挙げるとすれば、フェイクレザーなので、ちょっと冷たいんです。なので筆者はタオルを巻いて使っています。これは値段が300円(税抜)です。
 

4. 目が疲れた!を解消するアイマスク

目の疲れを癒してくれるアイマスク(筆者撮影)

長時間パソコンの画面を見ていると、どうしても目が疲れてしまいます。筆者はブルーライト対策でメガネをかけていますが、時間が長くなるとやっぱり疲れます。

そんなときに使いたいのがアイマスク。じんわり暖かくなるので、それを目に乗せます。目の周りがあたたまって疲れが緩和するだけではなくて、リラックスする時間にもなるんです。必然的にパソコンから離れますし、目を閉じますからね。

ストレスがたまった状態で仕事をしても、あまりはかどりません。リラックスする時間を作ったり、快適に仕事をする環境を整えたりするのは大切なことですよね。ダイソーのアイテムを使いながら、デスクワークを続けていくのもいいのではないでしょうか。


【おすすめ記事】

オンライン会議前のメイク直しに最適! ダイソーの100円アイテム4選

テレワーク歴17年。集中が途切れたときの息抜きの方法は?

「もうっ!」となるキッチンのイライラ解消!ダイソー優秀アイテム3選

ダイソーの激安おつまみ15選! ビール、ワイン、日本酒に合うのは?

スライスチーズ保存問題…長年の悩みを解決するダイソー優秀アイテム