『ブラックペアン2』第1話 二宮和也“天城”と前作“渡海”との関係とは? 一瞬見せた表情にSNS注目

7月7日より放送スタートしたドラマ『ブラックペアン シーズン2』第1話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:TBS『ブラックペアン シーズン2』公式Webサイト)

二宮和也さんが主演するメディカルエンターテインメント・ドラマ『ブラックペアン シーズン2』(TBS系)が、7月7日より放送スタートしました。2018年4月期に放送されたシーズン1で天才的な縫合技術を持つ外科医・渡海征司郎を演じた二宮さんが今回演じるのは、人も金ももてあそぶ悪魔な世界的天才外科医・天城雪彦。

第1話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

ブラックペアン2
画像出典:TBS『ブラックペアン シーズン2』公式Webサイト

第1話のあらすじ

東城大学医学部付属総合病院の病院長となった佐伯清剛(内野聖陽)は、心臓外科に特化した新病院の開業計画を進めていました。心臓血管外科医の世良雅志(竹内涼真)は佐伯から、オーストラリアの学会に出席し、ゴールドコーストのハートセンターで働く天城雪彦(二宮和也)という医師に1通の手紙を渡すよう指示を受けます。

学会を欠席した天城に会えず勤め先に向かった世良は、天城に手術を依頼するため渡豪してきたパク・ソヒョン(チェ・ジウ)と息子のミンジェ(キム・ムジュン)と出会います。心臓を患ったソヒョンを救える手術は、世界で天城しかできない「ダイレクト・アナストモーシス」のみ。

やがて競馬場にいるという天城に会いに行った世良は、彼が6年前に東城大を去った元指導医・渡海征司郎と瓜二つであることに驚きます。医療界でディアブル(悪魔)と呼ばれ人も金ももてあそぶ天才外科医・天城は、世良とソヒョンたちをカジノに呼び出し、ソヒョンの手術をするか否か、全財産の半分を賭けたルーレットで決めると言い出します。医者としてあるまじき姿に憤慨する世良。

世良は賭けに負けたソヒョンを救うべく、佐伯に働きかけて東城大の医師たちにも協力を仰ぎ、彼女を救う方法を探ります。しかしたどり着いたのは、天城のダイレクト・アナストモーシスしか道はないという結論。諦めきれない世良が天城の元を訪ねると、せっかくだから手術に立ち会うよう誘われます。患者はなんとソヒョン。全財産を賭けてでも命を救ってほしいと願い出ていたのです。

助手を命じられた世良は、奇跡のような天城の手技に圧倒されます。「医者として納得できないことはあるが一緒に働いてみたい。日本に来てほしい」という世良に賭けを持ちかける天城。赤か黒かを賭けたルーレットが想定外の緑で止まると、天城は日本行きを承諾。佐伯からの手紙は、新病院「桜宮心臓外科センター」のセンター長に推挙するというもので――。

ブラックペアン2
画像出典:TBS『ブラックペアン シーズン2』公式Webサイト

天城が一瞬見せた表情に隠された謎――渡海との関係とは?

佐伯が狙うのは心臓外科に特化した新病院の設立だけではなく、日本医学界の頂点である全日本医学会会長の座。東城大の一員となった神業を持つ悪魔のような天城は、今後どのように物語をかき回していくのでしょうか。シリーズ1を超える壮大さに期待が高まった第1話。世良から渡海の名を聞いた時に天城が一瞬見せた表情の変化も気になるところ。

X(旧Twitter)では、「天城先生めちゃくちゃかっこいい。一人称が僕なのも変人っぽくて良い」「天城先生、いい人なのでは?」「悪魔に気に入られ過ぎてる世良先生に何故かにっこりしてしまう」「『じゃやれよ!』とか世良が天城を追い抜いて振り向きお願いするシーンとか、前作リスペクト感がエモい」「原作では渡海先生と天城先生は何も関係ないみたいだけど、伏線大好き日曜劇場がただ原作通りに作ってるわけない」などのコメントが殺到し、多くの反響を呼んでいます。

第2話では、佐伯から新病院のトップに推挙され来日した天城は、着任早々、とんでもない新病院構想で周囲の反感を買い、さらに自身はダイレクト・アナストモーシスの公開手術で日本医療界にデビューすると豪語。一方、新病院のトップをひそかに狙っていた高階(小泉孝太郎)に、佐伯と全日本医学会会長の座を争っている菅井(段田安則)の影が忍び寄り……。今後繰り広げられる権力争いと目の前の患者を救う外科手術に注目です。

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

次ページ
第2話の予告を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も