「美術館やん」前澤友作、新居を公開しルームツアー! 「まさに天下を取った男ですね」「次元が違う」

実業家の前澤友作さんは7月1日、自身のYouTubeを更新。まるで美術館のような新居を公開し、その豪華さに視聴者からは驚きの声が上がっています。(サムネイル画像出典:YouTubeチャンネル「Yusaku Maezawa【MZ】」)

実業家の前澤友作さんのYouTubeチャンネル「Yusaku Maezawa【MZ】」は7月1日、新しい動画を投稿。引っ越したばかりの新居を公開し、ルームツアーの第1弾としてリビングを紹介しています。

【実際の動画:前澤友作、美術館のような新居公開!】

「まさに天下を取った男ですね」

同チャンネルは、動画『【新居大公開】前澤邸ルームツアー(リビング編)[Room Tour] First Look Into MZ's New Living Room』を公開し、リビングのルームツアーを行いました。半年ほど前に都内で引っ越しをしたようです。かなり広い新居のようで、約30分間の動画で紹介されたのはリビングのみ。そのリビングの広さはなんと170平米で、ソファエリアは2カ所もあるそうです。

よく目立つ真っ赤なソファセットはアルパカの毛でできており、フランスで購入したと言います。1番大きなソファの価格のみ明かし、その価格はなんと約5億円。ソファ以外にもこだわりの家具がたくさんあるようで、1つ1つ丁寧に解説しています。動画の途中ではカーテンを開けて、窓の外の景色を見せる場面も。高層階のようで、動画の編集者からはテロップで「いや何階」とツッコミを入れられていました。

動画終盤では、新居暮らしについて「住めば都で、都会の喧騒の音とか全く聞こえてこない」と語っています。

コメントでは、「ルームツアーというより、美術館の展示品紹介で草」「次元が違う…」「美術館やん…」「まさに天下を取った男ですね」「早く次のルームツアーが見たい!」「一つ一つ勉強して説明できるのがやはり凄い」「規格外のルームツアーですね!」など、衝撃のルームツアーに驚きの声が集まりました。

今後もルームツアー動画を公開予定

ダイニングルームやエントランスエリア、エレベーターホールなどもこだわったという前澤さん。新居全体の広さは引かれるから公表しないとのことですが、お手洗いが12個ある広さだと言います。別のスペースに関してもルームツアーをする予定があるそうです。今後も前澤さんの新居ルームツアー動画に期待しましょう!
 
 
月刊目の眼 2018年5月号 (アートコレクター最前線 21世紀を生きる数寄者たちのART&LIFE)
月刊目の眼 2018年5月号 (アートコレクター最前線 21世紀を生きる数寄者たちのART&LIFE)
次ページ
前澤さんの普段の動画を見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も