カリスマ性があると思う「20代女性俳優」ランキング! 2位「広瀬すず」を抑えた1位は?

All About ニュース編集部は、「20代女性俳優」に関する独自のアンケート調査を実施。「カリスマ性があると思う」20代女性俳優ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像:広瀬すずさん公式Instagramより)

All About ニュース編集部は4月11日~6月11日、全国の10~60代の332人を対象に「20代女性俳優」に関するアンケート調査を実施。今回はその調査結果から、「カリスマ性があると思う20代女性俳優」ランキングを紹介します!

>10位までの全ランキング結果を見る

2位:広瀬すず


2位は、6月に26歳の誕生日を迎えた広瀬すずさんです。

2013年のドラマ『幽かな彼女』(フジテレビ系)で俳優デビューし、2015年の映画『海街diary』で自身と同じ名前のすず役を演じ、日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞しました。その後も多数の作品に出演し、2018年には『三度目の殺人』での演技が評価され、日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞にも輝きました。

2025年には『ゆきてかへらぬ』『宝島』『片思い世界』という3本の映画に出演予定です。広瀬さんを選んだ回答者からは、「よく主演で出ているから」(40代男性/新潟県)のほか、以下のような理由があがりました。

「出てきた当初から、演技もすごくよくて、自然と目を引くので」(20代女性/大阪府)

「美人な顔立ちをしていて、可愛い役もかっこいい役もいろんな役をこなせるオールマイティな役者さんだと思うから」(20代女性/茨城県)

「持っている空気感や仕事への姿勢が情熱的なところ」(40代男性/兵庫県)

「すごく可愛いのにどこかしら漂う風格を感じます。他の20代女優陣と比較して別格的な存在だと思います」(50代男性/東京都)

1位:橋本環奈


1位は、現在25歳の橋本環奈さんでした。

元々はアイドルとして活動していた橋本さん。2016年に『セーラー服と機関銃 -卒業-』で映画初出演を飾ると、同作で日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞しました。その後はドラマや映画、舞台でも活躍し、2022年からは舞台『千と千尋の神隠し』で主人公の千尋役を務めています。

2022年と2023年の『NHK紅白歌合戦』では2年連続で司会に抜てき。まだ25歳ながらマルチに活動する橋本さんには、回答者から次のようなコメントが寄せられました。

「オーラがすごい」(20代男性/広島県)

「声も独特で、堂々としているから」(60代女性/広島県)

「紅白の司会も難なくこなして多才だなと思うし、カリスマ性があるんだなと感じた」(30代女性/岡山県)

「ドラマだけじゃなく、バラエティに出たり、若いのにしっかりしてる感じもあるからです」(40代女性/沖縄県)

「人気があるし、他の方とはかぶらない独特の雰囲気があったり、自分の世界をしっかりと持っていそうだから」(20代女性/東京都)


※回答者のコメントは原文ママです
次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も