村島未悠、不倫を謝罪するも非難の声殺到。差別発言も受ける一方バスケ藤井には応援の声が。無意識の女性蔑視

タレントの村島未悠さんは6月12日、自身のInstagramを更新。不倫を謝罪しましたが、非難の声が殺到しています。一方、不倫相手の藤井祐眞選手のXアカウントには応援の声も見られるなど、違いがあらわに。(サムネイル画像出典:村島未悠さん公式Instagramより)

タレントの村島未悠さんは6月12日、自身のInstagramを更新。不倫を謝罪しましたが、非難の声が殺到しています。

【実際の投稿:村島未悠、謝罪するも非難の声鳴りやまず】

「マジでがっかりしました」

6月12日、文春オンラインにて、バスケットボール男子の元日本代表でBリーグ・川崎ブレイブサンダース所属の藤井祐眞選手との不倫が報じられた村島さん。同日、自身のInstagramを更新し、「この度は、療養中にも関わらず、私の軽率な行動でご家族や関係者の皆様、そしてファンの皆様にご迷惑やご心配をおかけして本当に申し訳ございません」と、画像で謝罪をしました。

また「今後は皆さまから信頼し、応援していただけるよう行動してきたいと思います」と、今後への意気込みもつづっています。

コメントでは、「MCやってたチームの選手と不倫はイメージ悪すぎます。。。」「終わってる。体調が戻っても復帰する必要ないです。誰も望んでません」「療養して不倫密会とか久々に最低だわと思いました」「関わっているチーム内での不倫とか本当に最悪です」「軽率?それで終わらせます?知っててしてたなら最低です。マジでがっかりしました」「応援なんて出来るわけないじゃないですか」など、かなり厳しい声が殺到。

中には「好きだからショックだったけど、キライになれずに応援してる自分がいる」「不倫じゃなければ祝福できたのに…」と、心苦しい胸の内を明かすファンも。

良心的なコメントもわずかに

さらに「奥さんと関係者やファンにはしっかり謝ろう。でもネットニュース見て正義マンぶってる暇人共は、あなたの事を昨日までよく知らない人だし、今後もあなたの仕事も生活も全く影響のない、人のスキャンダルを叩いて自分のアイデンティティを固め直してる一生未成熟、未完のダメな大人だから、全無視でいいよ。あと相手のファンにも謝らなくてよい。それは男の役目と責任だから。庇うわけじゃなくて、不倫なんて一般人の方が酷いよ。誰でもやってる。しばらく大人しくしてればよいよ」と、藤井選手にも責任があるという声も上がりました。確かに村島さんより7歳も年上で大人である藤井選手の責任も大きいでしょう。

また、「失礼ながら思いを書かせていただきます。そもそもの不倫という行動についての謝罪をしっかりとされるべきだと思います。療養期間にということもありますが、まずはそこからではないでしょうか? さらに、療養中ということで本当に心配された方々も多いと思います。その気持ちを裏切るかたちになったことは大きいと思います。加えて、ご自身が携わっているチームの選手とそういった関係になったことも、村島さんのことをそういった目で見てしまうこともあると思います。色々と言われるでしょう。根も葉もない噂も立つかもしれません。しかし、ご自身で招いてしまったことです。真摯に向き合ってください。村島さんの活躍の場が広がってきたなかで残念なニュースではありましたが、これからも応援させていただきます」と、厳しくも温かい言葉で村島さんの反省を促し、今後の応援も表明する声も。

何人かのファンはこのように良心的なコメントを寄せていますが、それをはるかに上回る非難の声に村島さんのメンタルがやられてしまわないか心配ですね。もちろん、不倫はいけない行為であるという前提がありつつ。

世間の声の違い

前述の通り、村島さんのコメント欄には、かなりきつい声や、差別的とも取れる声が多く上がっています。しかし、藤井選手のコメント欄は応援の声も多く見られるなど、少し様相が異なります。村島さんだけが悪いわけではなく、藤井選手にも責任はあるはずですが、それにもかかわらず、村島さんはグラビアをやっている女性ということで、それに関する差別的発言を受け、藤井選手はスポーツ選手ということで「これからバスケットで挽回してほしいです!」などの声が。

無意識の女性蔑視が表れた結果でしょう。悪いことをしたから差別的発言をしても良いということにはなりませんので、気を付けながらSNSを使っていきたいですね。
 
次ページ
関連投稿を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない