【全文掲載】人気歌い手・luz、有罪判決確定。声明も発表「更生の時を、温かく見守ってくださることを……」

2024年1月、歌い手界隈(かいわい)に衝撃が走ったluz氏の逮捕報道。それから5カ月がたち、同氏の有罪判決の報道とともに、声明も発表されました。(サムネイル画像出典:luz氏Instagramより)

YouTubeチャンネルの登録者60万人を超える、人気歌い手のluz氏が6月10日、自身のX(旧Twitter)を更新。声明を発表しました。
 

【実際の投稿:歌い手luzがファンへ謝罪、有罪判決確定】

「心からのお詫びと、心からの感謝を」

同氏のコメントは以下の通りです。

皆様、こんにちは。luzです。

この度は一連の問題や活動休止に関しまして、僕を支えてくれているファンの皆様、又各関係者の皆様に、心からの謝罪をし、多大なご心配やご迷惑をおかけしました事を、深くお詫び申し上げます。

1月から自分に対し、
ひとつひとつ、自問自答しながら過ごしております。

犯した過ち達を見つめ、日々を重ねながら、
愛する大切な皆様とふたたび逢える日を祈り続けています。

今はただ、何よりこの僕のありのままの心を、
皆様にお伝えさせていただきます。

どうか、ファンの皆様、関係者の皆様、更生の時を、
温かく見守ってくださることを心からお願いします。

最後に僕の謝罪と決意に目を通して下さり有難う御座いました。

本当に、心からのお詫びと、心からの感謝を申し上げます。

luz

懲役1年8カ月、執行猶予3年の有罪判決が確定

また、同氏の公式インフォメーションXアカウントでは11日、「報道にある通り、本年1月11日に向精神薬取締法違反所持及び使用にて逮捕され、5月21日をもちまして、懲役1年8か月、執行猶予3年の有罪判決が確定となりました」と、luz氏が代表取締役社長を務めていた事務所ESPERANZA・代表取締役(元取締役エグゼクティブプロデューサー)の市橋秀幸氏がファンへ報告。
 

続けて、「luzはアーティスト業と会社経営者としての両立に、心身ともに疲弊しておりました」ともつづり、「luzの犯した罪に対し、かばう意味は毛頭ございませんが、私自身がluzの消耗に心寄り添わせ対処することが出来ず、結果的にluzを追い込んでしまった事へ、後悔と懺悔の念に堪えません」などと、吐露しました。
 

luz氏の謝罪と有罪判決の報道に、ネット上では、「ミソギ終了は、刑事罰終了で終わりではない」「薬からほんとに抜け出せるのかは疑問」「また1から信頼回復に努めてほしい」などの声が上がったほか、「待っててやるから早く帰ってこいちゃんと反省しろ」「luzくんの音楽はやっぱり嫌いになれない」と復帰を望む声も多数寄せられています。luz氏の心に、ファンの声は届いているのでしょうか……。
 

次ページ
市橋氏の投稿はこちら
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化