「ついに!」松丸亮吾、Xに悲願の公式マークが付与されたことを報告!「エェ?!おめでとう」「キター」

タレントの松丸亮吾さんは5月31日、自身のXを更新。念願の公式マークが付与されたことを報告し、話題を呼んでいます。(サムネイル画像出典:松丸亮吾さん公式Xより)

タレントの松丸亮吾さんは5月31日、自身のX(旧Twitter)を更新。念願の公式マークが付与されたことを報告しました。

【実際の投稿:松丸亮吾、Xに悲願の公式マーク】

「公式マークがキターーーッ!!」

松丸さんは「!?!?!?」とつづり、2枚の写真を投稿。自身のXのプロフィール欄の画像で、公式マークが付与されていることが分かります。念願の公式マークにファンからは大きな反響が集まっており、中には「歴史的瞬間ですね!!」との声も。さらにリプライで「(ついたと思ったら消えたことあるから全然安心できないけど)」とつづっており、しばらく松丸さんの公式マークを見守る日が続きそうです。

この投稿にファンからは、「エェ?!おめでとう」「ついに!笑」「公式マークがキターーーッ!!」「ついに!!おめでとうございます」「いいですね!おめでとうございます!」「亮吾ちゃん、良かったね」との声が寄せられました。

以前から公式マークについて言及

松丸さんは、以前から公式マークについて言及しており、3月19日のツイートでは「広告のお仕事の関係で、3月末までの期間限定で公式マークが付与されることになりました」「いつか自力で取ってやるからな!!!」とつづっていました。コメントでは「消えちゃうの切ない」「まさかこんな形で」との声が寄せられていましたが、今回ついに公式マークが付与されたため、喜ぶファンが続出しています。
 
次ページ
松丸さんの投稿をもっと見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化