スラムダンクの「木暮公延」を演じてほしい芸能人ランキング! 2位「神木隆之介」、1位は?

人気キャラが多い『スラムダンク』の実写版が仮に制作された際に、役を演じてほしい芸能人をアンケート調査しました。今回は、「木暮公延」を演じてほしい芸能人ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:神木隆之介さん公式Xより)

All About ニュース編集部は3月15日~5月16日、全国10~50代の男女129人を対象に「スラムダンクの実写化」に関するアンケート調査を行いました。この記事では、「『スラムダンク』の木暮公延を演じてほしい芸能人」ランキングを紹介します!

>3位までの全ランキング結果を見る

2位:神木隆之介

2位にランクインしたのは、「神木隆之介」さんです。

人気子役として活躍した実績を持ち、初主演映画の『妖怪大戦争』で日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞。さらに、『桐島、部活やめるってよ』『バクマン。』『3月のライオン』と話題の映画に出演し続け、国民的な人気を獲得します。

2023年には、NHKの連続テレビ小説『らんまん』で主演を担当。また、主人公を演じた『ゴジラ-1.0』は世界的に大ヒットを記録するなど、世界を舞台に活躍しています。そんな神木さんは眼鏡をかけている役が多く、「眼鏡キャラ」の木暮にイメージが合いそうです。

回答者からは、「真面目でしっかり者の役が似合いそう」(30代女性/大分県)、「神木くんが演じる木暮の、チームが危機に陥ったときのスリーポイントが見たい」(40代女性/埼玉県)、「誠実さがぴったり。決めるときは決める男」(40代女性/東京都)などの意見が寄せられました。

1位:松坂桃李

1位にランクインしたのは、「松坂桃李」さんでした。

モデルとして活躍した後、2009年に『侍戦隊シンケンジャー』(テレビ朝日系)のシンケンレッド役で俳優として本格デビュー。NHKの連続テレビ小説『梅ちゃん先生』や、『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)などのドラマや、映画『キセキ -あの日のソビト-』『娼年』『孤狼の血シリーズ』などさまざまなジャンルの作品に出演しています。

どんな役でも担当できる高い演技力を持ち、大ヒットドラマ『VIVANT』(TBS系)にも主要キャストで出演。現在は、映画『スオミの話をしよう』『雪の花 -ともに在りて-』に参加予定で公開を控えています。そんな松坂さんは、『スラムダンク』がキッカケでバスケをはじめた過去も。しっかりとしたバスケの技術は実写映画で生かされそうです。

回答者からは、「メガネをかけたら似合いそう。演技も小暮くんそっくりに出来そう」(30代男性/埼玉県)、「彼の独特な雰囲気や演技力が、木暮のクールで優れたバスケットボールプレイヤーとしての姿を表現するのに適している」(30代男性/山形県)、「メガネが似合いそう」(40代女性/埼玉県)などの意見が寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
次ページ
3位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは