「泣きそう」佐藤二朗、役作りで“12キロの減量”を報告! 「お疲れさまでした」「それは泣きます」

俳優の佐藤二朗さんが、5月21日に自身の公式Xを更新。映画の役作りで12キロ減量していたことを明かし、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:佐藤二朗さん公式Xより)

俳優の佐藤二朗さんは5月21日、自身のX(旧Twitter)を更新。ストイックな役作り事情を明かしました。

【実際の投稿:佐藤二朗、減量後初のパスタランチに感動】

「12キロの減量ってかなりすごいですね」

佐藤さんは「12キロの減量をした映画の役、撮影終了」と報告。過酷な役作り事情を明かし、「1年振りにランチにパスタを食べる。泣きそう」と心境を明かしています。佐藤さんの俳優活動へのストイックな姿勢がうかがえる投稿です。最後に「パスタを食べながら嗚咽を漏らす妙な中年オヤジを見掛けた人、そういう事情ですのでお察しください」と呼び掛けました。

ファンからは「減量と撮影お疲れ様でした 1年ぶりのパスタ さぞかし美味しかったでしょうね」「役作りのための減量お疲れさまです」「12キロの減量ってかなりすごいですね」「1年ぶり!? それは泣きます」「凄い集中力 忍耐力です!!」など、さまざまなコメントが寄せられています。

2月に強迫性障害を告白

佐藤さんは2月に公式Xで、小学生時から強迫性障害を抱えていることを告白。「根治を諦め、共生を決める」「病ゆえの『力』を信じよう。いつか病に礼を言えるよう」と、心境を明かしていました。ストイックな役作りはどんな作品を生み出したのか、続報が楽しみですね。
 
次ページ
佐藤二朗さんのほかの投稿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化