「JKに見えるのすごすぎ」鈴木愛理、美脚あらわな30歳の制服姿に大反響! 「女子高生でもイケる」

歌手の鈴木愛理さんは5月15日、自身のInstagramを更新。美脚をあらわにした制服姿を披露し、話題を呼んでいます。(サムネイル画像出典:鈴木愛理さん公式Instagramより)

歌手の鈴木愛理さんは5月15日、自身のInstagramを更新。美脚があらわになった制服姿を投稿しました。

【実際の投稿:鈴木愛理、美脚あらわなルーズソックス制服姿】

「こんな子が同級生にいたら毎日眺めに行く」

鈴木さんは「何気になかなか履いたことのなかったルーズソックス」とつづり、10枚の写真を投稿。制服姿を披露しました。さらにルーズソックスを着用し、抜群の美脚をあらわにしています。4月12日に30歳の誕生日を迎えた鈴木さんですが、違和感のない着こなしに女子高生に見えるとの声も。貴重なレアショットですが、もっと鈴木さんの制服姿が見たくなってしまいます。

この投稿にファンからは、「こんな子が同級生にいたら毎日眺めに行く」「制服ギャル理ちゃん可愛すぎる天才」「脚長っ」「まだまだ女子高生でもイケる」「JKに見えるのすごすぎる」「いや可愛すぎ!!女神」との声が寄せられました。

「LIVEの2着目だったやつ」

2月9日の投稿では「LIVEの2着目だったやつ」とつづり、丈の短い黒いドレスに身を包んだショットを披露。キラキラしているブーツを履いており、ギリギリまであらわになっている太ももが映えています。ファンからは「この衣装最高でした」「布少ない...大人っぽくてずーーっと見惚れてました」「まじこの衣装ヤバイっ」と、反響の声が集まりました。
 
次ページ
鈴木さんの美脚をもっと見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応