乃木坂46・久保史緒里、卒業した同期・山下美月への思いを赤裸々に告白「特別な気持ちがもちろんある」

5月15日深夜に放送された『乃木坂46のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に、同番組のパーソナリティを務める乃木坂46・久保史緒里さんが登場。同期の山下美月さんについて思いを語りました。(サムネイル画像出典:久保史緒里さん公式Instagramより)

5月15日深夜に放送された『乃木坂46のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に、同番組のパーソナリティを務める乃木坂46・久保史緒里さんが登場。12日に開催された卒業コンサートをもってグループを卒業した、同期の山下美月さんについて思いを語りました。

【投稿:久保史緒里&山下美月の“くぼした”ツーショットを見る】

“くぼした”としても知られる山下美月さんについて言及

同番組で、久保さんは「先週末ですね、東京ドームの方で私の同期である山下美月ちゃんの卒業コンサートが2日間行われました」と切り出し、ファンの間で“くぼした”とも呼ばれ、ペアでの活動も多かった山下さんについて思いを語りました。

「(同期である大園桃子さん、与田祐希さんの)2人が初選抜でセンターになってるのを、たまたま同じタイミングでテレビで2人だけで見て『なんか泣ける』って一緒に泣いたりしてた」と、一緒に涙を流した経験が印象的だと話す久保さん。「そういうの(泣いた経験)を共にしてくれたメンバーだったので、何かそういう特別な気持ちがもちろんあるわけですよ」と、山下さんに対する特別な感情を明かしました。

「久保にとって山下は“いなきゃいけない存在”」

8日深夜放送の『山下美月のオールナイトニッポン』にて、“事務所代表のYKさん”から山下さんへ送られた「山下にとって久保はどんな存在でしたか?」という質問について、「逆に返そうかなと思いますけれども」と久保さんも言及。

「もし山下のいない乃木坂人生だったら、とかを考えたんだけど、山下がいない乃木坂人生は多分本当につまらなかったと思います」「久保にとって山下はどんな存在でしたかって言われたら、“いなきゃいけない存在”でした」と、山下さんへの思いを赤裸々に明かしました。

「2人の"未来の答え"をありがとう」

約13分間にも及ぶ山下さんへ向けた言葉に大きな反響があり、SNS上では「くぼしたの関係性の尊さを感じました」「こんなにいい関係性、他にない。くぼしたは永遠だね」「2人の"未来の答え"をありがとう」など、感動の声が相次ぎました。

最後には「もうこの話はしないから、みんなこの曲聞きながら、もう封印してね」と照れくさそうに締めつつ流した曲は乃木坂46の『未来の答え』。2人が初のWセンターを務めた、まさに“くぼした”を象徴する1曲といっても過言ではありません。2人の関係性こそが“未来の答え”だったのかもしれませんね。
 
次ページ
久保史緒里さん&山下美月さんのツーショットも見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」