アイナ・ジ・エンド、BiSHメンバーでのディズニー満喫ショットにファン歓喜! 「今日も生きていける」

元BiSHのアイナ・ジ・エンドさんは5月15日、自身の公式Xを更新。同じく元BiSHのメンバーたちと東京ディズニーランドを満喫する様子を公開し、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:アイナ・ジ・エンドさん公式Xより)

元BiSHのアイナ・ジ・エンドさんは5月15日、自身のX(旧Twitter)を更新。同じく元BiSHのメンバーであるセントチヒロ・チッチさん、MISATO ANDO(元リンリン)さん、ハシヤスメ・アツコさんと共に東京ディズニーランドを満喫する様子を公開しました。

【実際の投稿:アイナ・ジ・エンド、元BiSHメンバーでディズニー満喫】

「解散なんてただの言語にすぎなかったんだ!」

アイナさんは「楽しかった」とつづり、4枚の写真を投稿。4人での集合写真やアトラクション内での様子など、パーク内を満喫する様子を公開しました。それぞれのディズニーコーディネートで自然体な笑顔を見せていて、メンバーの変わらない仲の良さがうかがえる投稿です。

ファンからは「アイナちゃん!よかったね 解散なんてただの言語にすぎなかったんだ!」「尊い BiSHメンバー仲良しで今日も生きていける」「めちゃ楽しそ いい関係」「メンバーの絆が清掃員には嬉しくて嬉しくて」など、歓喜の声が多く寄せられました。

2023年6月末に解散

同グループは2023年6月末に解散。以降はそれぞれソロとしてさまざまなジャンルで活動しています。アイナさんはソロシンガーや俳優として活躍。映画『キリエのうた』では主演を務め、「第48回報知映画賞」の新人賞を受賞しました。今後の活躍も楽しみですね。
 
次ページ
アイナ・ジ・エンドさんのほかの投稿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」