冨樫義博、『HUNTER×HUNTER』407話執筆開始にファン歓喜! 「今年の冨樫氏は何かが違う」「泣きそう」

漫画家の冨樫義博さんは5月14日、自身のXを更新。代表作『HUNTER×HUNTER』(集英社)の進捗(しんちょく)状況を報告しました。(サムネイル画像出典:冨樫義博さん公式Xより)

漫画家の冨樫義博さんは5月14日、自身のX(旧Twitter)を更新。代表作『HUNTER×HUNTER』(集英社)の進捗(しんちょく)状況を報告し、反響を呼んでいます。

【実際の投稿:冨樫義博、『HUNTER×HUNTER』407話執筆開始!】

「めちゃくちゃ進んでて嬉しいです」

冨樫さんは「No.407開始」とつづり、1枚の写真を投稿。同作の原稿と思われるものが写っています。『週刊少年ジャンプ』(同上)2022年12月26日号に掲載された第400話で週刊連載は終了し、第401話以降は別の掲載形態で執筆していくことが発表されている同作。そこから7話分の執筆に着手しているようです。

待ち望んでいたファンからは「泣きそうです」「早く読みたい」「めちゃくちゃ進んでて嬉しいです」「待ってます」「今年の冨樫氏は何かが違う」など、歓喜の声が寄せられました。

13日には「No.406、ペン入れ完了」

13日の投稿では「No.406、ペン入れ完了」とつづり、第406話のペン入れ(鉛筆などで描かれた下書きの描線を、インクや墨汁などでなぞって引き直す作業)が完了したことを報告していた冨樫さん。この時もファンから「少し遅くなりましたが嬉しいです!」「おお!一歩一歩進んでおるー」などの反響が寄せられていました。『週刊少年ジャンプ』への掲載を楽しみに待ちたいですね!
 
次ページ
冨樫義博さんの別のポストも見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」