がーどまん、YouTubeの規制強化で「過激な動画が撮れない」と告白。今後について「考える期間がほしい」

YouTuberのがーどまんさんが、『YouTubeに動画をアップできなくなりました』と題した動画を公開。一体、何が……。(サムネイル画像出典:「チャンネルがーどまん Channel guard man」より)

YouTuberのがーどまんさんが5月12日、自身のYouTubeチャンネル「チャンネルがーどまん Channel guard man」で動画を更新。同チャンネルの現状と、今後について報告しました。
 

【実際の動画:がーどまん、YouTubeの規制強化で方針検討】

「自分らでもどうしたらいいか分からなくて」

「最近、過激な動画が全然撮れなくて」と謝罪するがーどまんさん。家の壊し合いなどの過激な動画を視聴者に届けたいという気持ちがある一方で、昨今のYouTubeの規制が厳しくなり、なかなか思う動画が投稿できず、「丸くなった」と見られてしまうことが悔しいと吐露。
 

続けて、「正直、自分らでもどうしたらいいか分からなくて。最近、ジュキヤとかもチャンネルBANなって」「規制が厳しくなってく中で俺たちはどうしようっていうので、ちょっと考える期間がほしい」と、視聴者に理解を求めています。

「時間ください」「申し訳ないです」視聴者へ謝罪も

また、「友達のパスポートを洗濯機で回してみた」などの動画が約5本、YouTubeに投稿できなかったと告白。「俺らがやりたいことがどんどんできなくなって」と胸中を明かし、今後についてはチーム内で話し合うため、1~2カ月動画投稿を控える可能性を示唆しました。最後に視聴者へ向け、「心配しないで」「ドッキリ以外のこととかいろいろチャレンジしていきたい」「時間ください」「申し訳ないです」と、謝罪しました。
 

次ページ
がーどまんさんの動画をもっと見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応