愛沢えみり、伝説のキャバ嬢時代と現在のすっぴん比較ショット公開! 整形の詳細も赤裸々に記す

元カリスマキャバ嬢で実業家の愛沢えみりさんは5月8日、自身のXを更新。すっぴんを披露し、美容の詳細も公開しています。(サムネイル画像出典:愛沢えみりさん公式Xより)

元カリスマキャバ嬢で実業家の愛沢えみりさんは5月8日、自身のX(旧Twitter)を更新。すっぴんを披露しました。

【実際の投稿:愛沢えみり、昔と今のすっぴん披露!】

美容の詳細も公開

愛沢さんは「キャバ嬢時代のスッピンと今のスッピン。美容でやった事をメモに残しておきます」とつづり、自身の写真を2枚載せています。1枚目はキャバ嬢時代のすっぴんで、2枚目は現在のすっぴん。肌の質がかなり異なっています。今の方が健康的なすっぴんのようです。

続けて以下のように美容(整形)でやったことを明かしました。


(1)二重幅を狭く
(2)マツエクを外す
(3)下眼瞼下垂(埋没)


(4)プロテーゼを低く(かなり低く)
(5)鼻を短く(鼻中隔延長の軟骨を削る)
(6)鼻先を丸く(真皮脂肪移植)


(7)おでこ頬こめかみに脂肪注入
(8)セラミド入りの化粧水にする
(9)クマ(ゴルゴ線)修正
(10)アートメイク 眉毛 リップ 額
(11)セラミド入りスキンケア
(12)唇、顎ヒアルロン酸溶かす

日常
(13)ファンデーションは塗らない
(14)日焼け止めはしっかりと塗る
(15)水を2リットル飲む

愛沢えみりさんプロフィール

愛沢さんは、かつて新宿・歌舞伎町のNo.1キャバ嬢でしたが、2019年3月に引退。現在は、「アパレル商品、美容クリニック、化粧品などを介して、世界中の女性に勇気を与える」といったことをビジョンとするVOYAGE(ボヤージュ)の社長を務めています。
 

次ページ
愛沢さんの普段の投稿も見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」