かとゆり、谷間ちらり上智卒の“キャバ嬢”に! 「都知事みたいな名前」「いやもうレベチ。可愛い大天使」

上智大学を卒業したかとゆりさんは3月29日、自身のInstagramを更新。キャバ嬢になったことを報告しました。ファンからは歓喜の声が上がっています。(サムネイル画像出典:かとゆりさん公式Instagramより)

上智大学を卒業し、女性アイドルグループ「ルルネージュ」のマネージャーを務めるかとゆりさんは3月29日、自身のInstagramを更新。キャバ嬢になったことを報告しました。

【実際の投稿:かとゆり、キャバ嬢に!】

「一瞬誰かと思いました」

かとゆりさんは「なんと、愛沢えみりさん(@emiri_aizawa )に1日限定でキャバ嬢にしていただきました」とつづり、自身の写真を1枚載せています。「加藤ゆり子」というキャバ嬢になった姿です。いつものかとゆりさんとは異なる、濃いめのメイクが目を引きます。胸元もちらりと見えていて、色っぽい雰囲気です。

コメントでは、「ばりかわいいやん」「都知事みたいな名前やったんな!!」「この顔とキャラなら絶対売れるまじ可愛い」「いやもうレベチ。可愛い大天使すぎてる、、、」「こんなキャバ嬢いたらまいにち行くかも」「やばいかわいすぎる」「一瞬誰かと思いました」など、さまざまな声が上がりました。

接客の感想も

31日の投稿で「やっと友達ができました!(緊張)」と、キャバ嬢に変身した姿の動画を載せているかとゆりさん。キャバクラで接客を終えたあとの感想も述べ、同所でさらに新しくできた“友達”も披露しました。キャバ嬢は1日限定とのことですが、今後もまたかとゆりさんのキャバ嬢姿を見たいですね!
 
次ページ
かとゆりさんの普段の投稿も見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も