中川翔子、“巨大0歳児”猫とのスリーショットに「もふもふが過ぎるw」「ギザカワユスぎてやば」の声!

タレントの中川翔子さんは5月7日、自身のXを更新。愛猫とのスリーショットを公開しました。(サムネイル画像出典:中川翔子さん公式Xより)

タレントの中川翔子さんは5月7日、自身のX(旧Twitter)を更新。愛猫とのスリーショットを公開し、反響を呼んでいます。

【実際の投稿:中川翔子、“巨大0歳児”猫とのスリーショット!】

「ふわふわの妖精だ!」

中川さんは「巨大0歳児 アクアとルビー」とつづり、2枚の写真を投稿。1枚目には愛猫2匹とのスリーショット、2枚目は猫をアップにしたショットを載せています。2匹とも0歳に見えないほど大きく、毛もボリュームがありとてもかわいらしいです。

ファンからは「大きくて可愛い!」「ふわふわの妖精だ!」「もふもふが過ぎるw」「ギザカワユスぎてやば」「大人になったらどのくらいの大きさになるんだろ」などのコメントが寄せられました。

「シャイニングの双子」ショットも公開

同日の別の投稿でも「シャイニングの双子」とつづり、同じ猫2匹が写った4枚の写真を投稿した中川さん。こちらにも「もふもふに顔埋めたいです」「可愛すぎて可愛い」などのコメントが寄せられています。さらに成長するとどんな大きさになるのか、今後の投稿にも期待したいですね。
 
次ページ
「シャイニングの双子」ショットも見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在