「最強の太もも」似鳥沙也加、入浴ショットでギリギリまであらわに! 「GWに最高ショットありがとう」

グラビアアイドルの似鳥沙也加さんは5月2日、自身のInstagramを更新。入浴ショットを公開し、「綺麗すぎる」と称賛の声が多数上がっています。(サムネイル画像出典:似鳥沙也加さん公式Instagramより)

グラビアアイドルの似鳥沙也加さんは5月2日、自身のInstagramを更新。入浴ショットを公開しました。

【実際の投稿:似鳥沙也加、セクシーショット公開!】

「しっとりした感じが伝わるね」

似鳥さんは「本日発売の『ヤングキングBULL』さん、表紙・巻頭に掲載されています」とつづり、自身の写真を1枚載せています。温泉と思われる場所でのタオル1枚だけの入浴ショットです。ちらりと見える谷間やギリギリまであらわになった脚がセクシーな雰囲気を醸し出しています。

コメントでは、「可愛くて色っぽいですね」「温泉旅行気分味わえて最高です」「しっとりした感じが伝わるね」「最強の太もも」「GWに最高ショットありがとう」「綺麗すぎる」「とても刺激的で元気が出ました」と、称賛の声が多数上がりました。

「3号連続にとりんまみれ第1弾!」

発売中の『ヤングキングBULL』2024年5月号(少年画報社)で表紙と17ページの巻頭グラビアも飾っている似鳥さん。「3号連続にとりんまみれ第1弾!」とのことです。気になる人は、ぜひチェックしてみてくださいね!
 
次ページ
似鳥さんのセクシーショットをもっと見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」